よみタイ

MB「新潟出身の服バカが年商1億以上を稼ぐまで~ 小学生でもわかるMBのビジネス成功論」
特別な技術や才能、学歴がなくても結果を出すことはできる……地方のショップスタッフからスタートし、今や年商1億以上をあげるまでにいたったMBの仕事術とは? 自身の経験から培った、結果を出すための「特別な思考と行動」について語るMB的ビジネス成功論。

独学で勉強するのはやめなさい〜良い流れに乗るための3つの法則

「エネルギー保存の法則」を覚えているでしょうか。

物理学の常識であり「エネルギーの総量は変化しない」とするものです。

私たちは「何かを得る」「持っていたものを失う」などゼロかイチかで物事を解釈しがちですが、実はそれは正しくありません。
モノやエネルギーは無くなることなく、形を変えて永遠に有り続けます。
あなたが今見ているスマホの原材料はプラスチック、プラスチックの原料は石油、石油の原料は古代の動物や微生物の屍骸です(石油有機由来説が正しければですが)。古来の動物が今は形を変えて人類の手元にあるわけです。
このように物やエネルギーは生々流転、消えることは一切なく、形を変え、永遠を流れているのです。

そしてエネルギー保存の法則を元に世界を正確に捉えると…何かを欲した時に我々がすることは「獲得する」ではありません。
「流れているところに身を置く」のが正しい判断です。

お金は獲得しようと思うと手に入らない、流れているところに身を置くことが大事

例えば「お金」です。

お金を稼ごう、お金を得よう、お金を獲得しよう、と考えて実現できる人は、流れを無視してお金を引き寄せるだけの並々ならぬ信念や技術や才能を持っている人です。
もし自分に相応の自信があるのなら、そのような動き方をしても良いでしょうが、万人にオススメできることではありません。

そこで前述を考えてみてください。
全てのものは生々流転と流れています。これはお金も同じ。

だとすればお金の流れが活発なところに身を置くのが、最も賢いと言えるのではないでしょうか。

お金が流れているところ…つまりお金を使い、お金を得ている人の中に入るのが一番です。

例えば私のようにたいした学歴も才能もない。前述で言う「流れを無視してお金を引き寄せる能力のないごく普通の人」が、10年間コンビニでバイトしていても、年収はさほど変わらないでしょう。
しかしそんな私が電通などの日本トップクラス企業の社長室などでいきなり勤務することになったらどうなるでしょう?
1か月もすれば周りに触発され人生が動き出すはず……10年後の年収も桁違いになると想像できませんか?

極端な例を挙げれば理解しやすいと思いますが、コンビニで10年バイトするのと、孫正義と1週間一緒に仕事するのとどっちが年収に好影響を与えると思いますか?
もっと分かりやすい例で言えば、バカ高校に行けばどんな秀才も成績が落ちるでしょ? 逆にどんな落ちこぼれでも進学校に行けばそれなりに成績が上がるでしょ?

何かを獲得しようと思って一生懸命自力で励むのも良いですが、それには相応の信念が必要です。
なぜなら「本来流れていないところに、流れを作る行為」ですから。
川の水路を自力で作るようなものです。川から水路を作ろうと道を掘ってもすぐに水で崩壊してしまうでしょう?
子供の頃に公園などで経験したはずです。いくら一生懸命掘って水の流れを作ってもすぐに周りの土に埋められて無くなってしまいます。根気と信念が必要な作業です。

しかし、至極当たり前ですが、水が欲しければ自分のところに水路を引くよりも、自分が水の流れているところに行けば良いだけです。

エネルギー保存の法則で言えば全てのモノやエネルギーは流れているわけですから、より多く流れているところに行けば良い。

お金が欲しければ、お金が流れているところに身を置けば良いだけなのです。

時間は有限、友達はバランスを持って選ぶべき

「人は環境で成長する」と言いますが、これを私はより正確に「良い流れのある環境に身を置くことが成長につながる」と理解しています。
バイトで無為に働いても年収は上がらないけれど、上場企業で働けば私のようなバカでも年収は上がるのです。

しかしこれは無論「今から上場企業に転職しなさい」という非現実的な主張ではありません。もっと簡単に流れに乗ることは出来ます。

それを今からお教えします。

1.独学で勉強するのはやめなさい

独学で勉強して研究して事を為すのは流れを引き寄せる行為と同じです。余程の信念が無ければ難しいでしょう。
それよりも…

2.仕事の出来る人が多いコミュニティに入りなさい

ある程度の年収やある程度の地位を確立している、いわゆる「成功者」が多いコミュニティに身を置きましょう。

机に向かって、まわらない頭で1年勉強するよりも、すでに成功を収めている人から実体験を5分レクチャーいただいた方がはるかに有益です。
私が周りを見る限り「独学にこだわって失敗する人」はとても多いですが、能力も才能もないと自覚しているのにどうして独学にこだわるのか理解できません。
成功している人がいるならその人に聞くのが何より強いはずでしょう?
だってその人はすでに「お金の流れを得ている」のだから。

仕事の出来る人が多いコミュニティは、探せばこの世にあふれています。
例えば経営者向けのセミナーなどでも良いでしょう。一般の方でも参加できるセミナーなどは探せばいくらでもあります。

思い返してみれば私はいつもそうした流れに乗る行為をしていました。

私は元々プロミュージシャンを目指していたのですが、大学生の時に大学のサークルを片っ端から全て見学に行きました。でもどれを見ても「ここに入ったらプロになれる」「ここに入ったら上達する」感覚がおきませんでした。
皆楽しそうにはしているけれど、趣味の延長として楽しんでいる人ばかり。実際、地元駅前のライブハウスに行けばサークルの人たちより上手な人がゴマンといたものです。

そこで私がとった方法は「最も難しいジャンルで演奏している人たちの中に入ろう」でした。
私が選んだジャンルは「ジャズ・フュージョン」。こうした技巧派の音楽を選び、大学生活の間にプロ並みの演奏力を身につけようと考えたのです。
それも同年代の中に入ってたら意味がない、自分より年上の人たちの中に入れてもらおうと思いました。

そうしてメンバー募集などの掲示板から、ピアノの先生が趣味でやってるような達人たちのいるジャズバンドに入りました。
「君下手だねえ」となじられながらも頑張った結果、同年代の中ではかなりのテクニックを得ることが出来ました。
流れを自分で引き寄せるのは途方もない努力が必要ですが、流れているところに身を置けば才能がなくてもそれなりに成長できる良い例です。
まあそれでもプロにはなれなかったけどね(笑)。芸術の世界はさらに厳しい…。

社会人になりショップスタッフになってからも、この意識はありました。

周りの同僚に悪い人はいなかったけれど、流れを持っている人ではありませんでした。ここで満足していたら人生は何も動かないと思い、当時新潟に住んでいましたが、東京まで行き、経営者が受けるドラッカーのセミナーに自腹で参加していました。
10も20も違う経営者や部長クラスの人たちと話し、グループワークをこなしたことで、自分の視点や認識を大きくアップデートできました。流れの中に身を置くことで自分を成長させることが出来たのです。

「自力で勉強する」よりもはるかに、「良い環境を探す」ことの方が重要です。
セミナーや異業種交流会、会食の場、有料のオンラインサロン…なんでも構いません。

流れている場所に身を置くことを今すぐにしてみてください。
子供の頃を思い出してみてください。
自宅で勉強するのと塾で勉強するのどっちが捗りましたか……?
答えは明白なはずです。

3.友達は選びなさい

これは「無益な友人はバッサリ切りなさい」と言ってるわけではありません。
無論そうした方が合理的なのでしょうが、私はそこまで非情になれません。

大学時代に一時期アダルトビデオショップでアルバイトをしていました。そこは荒くれ者の集まり、40過ぎた独身フリーターや明日食べるものに困ってるような人もいました。
でも皆、気の良い人たちばかりで私はそのコミュニティが大好きでした。今でも付き合いのある方もいます。
私の就職が決まったら「えええ!!!???就職決まったの!!???じゃあ皆でパーティーしようぜ!!」と朝まで飲み明かしたものです(「就職」は彼らにとって一大卒業イベントなのです)。
住んでいる公営住宅で、買ってきたコンビニ酒と缶詰で、パンツ脱いで下ネタでゲラゲラ笑って…人生でベスト10に入るくらい楽しい飲み会でした。

こうした人たちを「バッサリ切って」人生何が楽しいんだ? と私は思います。成長するためだからと好きな人を無為に切るほど非情になる必要はありません。

しかしながら「バランス」は大事です。

時間は有限です。
夕食は30年間で1万回程度しかありません。誰と一緒にディナーをするか、誰と一緒にお酒を飲むか、たった1万回という限られた時間をどう使うかが重要です。
「好きな人とひたすら1万回食事する」のも人生の選択ですが、そこはバランスを取っても良いのではないかなと思います。

例えば好きな人とも過ごすけれど、自分の成長に寄与する人と付き合う時間もきちんと作る。
ゼロかイチかで決めるのではなくこんな風に「時間を賢く使う」「相手を選ぶ」ことをしても良いのではないでしょうか。

私が延々とアダルトショップの同僚と飲み明かし続けていたら成長はなかったでしょう。
もちろんそうした時間も大切ですが、そこに時間を費やしすぎる必要もありません。気のおけない友人と飲んで語らう時間もあれば、経営者や成功者などと会って話し、自分の視点の低さを痛感し、成長を促進する時間もあって良いはずです。

私は、20代後半のサラリーマンだった時代、属していた会社が大手企業にM&Aされることになりました。
自社の10倍以上も年商がある企業、900億くらいだったかな…その企業の代表が来社して100名ほどで懇親会をすることになりました。

私は真っ先に代表の前に座り、2時間みっちり話を聞きました。900億円稼ぐ企業の代表と喋る機会なんてこの先絶対にないだろう、と思って、その席を選びました。

「面倒なこと言われたら嫌だな」「ぶっちゃけ帰って、どうぶつの森やりてえな」と内心思ってましたが、まあ2時間の我慢だし経験だと思って頑張ろう、と人見知りな私ですが、一生懸命喋りました。

結果ここでは書けないような、さまざまなことを教えてくれました。
今でも私の大きな蓄積になっています。

こうした流れに乗るチャンスは必ずどこかであります。
その流れにきちんと乗ることです。

「好きな人」と過ごす時間はとても大事ですが、何事もバランスが必要です。

成長させてくれる流れに乗る時間も定期的に作るように。
友人や付き合う人を選ぶようにしましょう。

この世はゼロかイチではない、あらゆるものはバランスによって成り立っている

全てのものは生々流転、エネルギー保存の法則により消えることなく流れ続けています。

今あなたが理想の人生を得ていないのなら、それは流れに乗れていないだけ。
だったら流れに乗れば良いだけです。

また、今成功していても明日失敗することもあるでしょう。それも流れから外れているだけです。また流れに乗れば成功する日を見るでしょう。

モノもエネルギーも全て流れています。

ゼロかイチじゃない。
有るか無いかじゃない。

流れを見極め流れに乗ることが何より大事です。
抽象的で少し難しいですが、是非意識してみてください。

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

MB

エムビー●誰もが理解できる「オシャレの教科書KnowerMag」を運営。視覚効果や印象論などをベースにしたロジカルなファッション指南が好評を博す。「最速でおしゃれに見せる方法」「ほぼユニクロで男のおしゃれはうまくいく」などメンズファッション書籍の多数のベストセラー他、漫画「服を着るならこんなふうに」、ライトノベル「魔王は服の着方がわからない」などの原作監修も含め、関連書籍は累計100万部を突破。月額500円のメールマガジンは個人配信では日本1位を記録、月額5千円のオンラインサロン「MBラボ」も常に満員御礼状態に。自身のブランド「MB」発のオリジナルアイテム、フリークスストア、アダムエロペ、ステュディオス、しまむら、紳士服のAOKIといった大手ブランドとのコラボアイテムも爆発的な売上を記録している。
公式サイトhttp://www.neqwsnet-japan.info/

Twitter https://twitter.com/MBKnowerMag

週間ランキング 今読まれているホットな記事