よみタイ

高橋綾子「綾子のギョーカイ総受けグルメ手帖」

フランス料理のおばんざいって!? 酸味と香りの妙がもたらす夢に酔いしれる〜ラ・レーヴ

とんでもなくおいしい「ごぼうのブルーテ 穴子のフリット バニラ風味」
とんでもなくおいしい「ごぼうのブルーテ 穴子のフリット バニラ風味」

このポタージュ(ブルーテ)は岩手のゴボウがおいしすぎて作った料理だそう。

これが只者じゃなかった!
ひと口食べただけで昇天するほどおいしいのです。

その秘密は……。
ゴボウをフォアグラのコンフィと炊いてから、鶏のブイヨンと一緒にミキサーにかけるから。
ミキサーも只者じゃないらしく、繊維質が跡形もなくなりシルクのようになめらかな喉ごし。

だけどコクと香りがすごい!
この食感と味、まだまだ熱弁したい!

浮き実に使ったのは穴子のフリットにレッドソレル、そして自家製バニラ塩と油で味付けした茹でカリフラワー。

これは最後の晩餐候補に決定か!

かなりボリューミーだけどマイクロリーフなのでサラッと完食
かなりボリューミーだけどマイクロリーフなのでサラッと完食

ここでお口直し的な野菜が登場します。

国内外の三つ星レストランのシェフが使いたいと懇願する広島のハーブ農園「梶谷農園」のマイクロリーフだけのサラダには、北海道野付のつけで4年生育させた40〜50gほどあるでっかいホタテが隠れています。
「いろんな野菜をひと口の中で味わうにはマイクロリーフだと思いましたね。いろんな味のするサラダです」と野菜を食べていくと、最後にドド〜ンとホタテが現れる。

本当にどの料理も驚かされます。

コンディマンソースがめちゃくちゃおいしい!
コンディマンソースがめちゃくちゃおいしい!

お魚は太刀魚でした。
溶岩焼きにした太刀魚は春先まで。次はマナガツオらしいです。

溶岩焼きは遠赤外線で火が入るのでふっくらと、また表面の火力が高いのでカリッとし、理想的に焼きあがります。

太刀魚にはフレッシュな小松菜で作ったソースを付けます。
このソース、コンディマンというらしいのですが、薬味という意味だそう。
つまり、太刀魚のアクセントになるってことね。

お野菜の下にはサラダに入っていたホタテのヒモを使ったソースが敷いてあります。

このソースが2種類とも絶品なんですのよ。

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント
高橋綾子

たかはし・あやこ●フードパブリシスト。国内外ファッションブランドのプレス時代から培った〝食″へのこだわりは、舌の肥えた業界人も頼りにするレベルの高さ。年間1000を超えるという外食の日々が築き上げたおいしいもの好きが嵩じて、ついに2018年2月に東京・下北沢にてレストラン「üchï(うち)」をオープン。おいしいものしか喉を通らない不思議体質。
Facebook→https://www.facebook.com/ayako.takahashi.1671

uchi→http://uchi.tokyo/

週間ランキング 今読まれているホットな記事