よみタイ

野原広子「妻が口をきいてくれません」長年の沈黙を破って妻は何を語る!? 5月の人気コミックTOP5

【1位】妻が口をきいてくれました(6年目)/「妻が口をきいてくれません」 (野原広子)

(あらすじ)
妻と娘と息子の四人家族として、ごく平和に暮らしていると思っていた夫。
しかしいつの日からか、妻が口をきいてくれなくなる。
妻は何が不満なのか。どうしたら機嫌をなおしてくれるのか――。
帰省したり子どもたちの運動会へ行ったり、外から見たら「普通の家族」として過ごしながら、夫の虚しさは募るばかり。
夫婦の会話がない生活は、気がつけば6年目に。
とうとう離婚を切り出した夫に、妻から返ってきたまさかの言葉とは……。

男女問わず根強いファンを増やしている「妻が口をきいてくれません」から、5月3日に配信された第8話「妻が口をきいてくれました(6年目)」が月間トップに輝きました。
2月から4か月連続1位の達成です!

夫婦の会話のない生活はとうとう6年目に突入し、幼かった子どもたちも12歳と10歳になりました。
会社の信頼する先輩も実は長い間夫婦の会話がないまま別れていたことを知った夫は、とうとう妻に「離婚」の2文字を切り出します。

これを受けて6年ぶりに夫に対して口を開いた妻からは、まさかまさかの衝撃発言が!
この言葉には、思わず声が出るほどびっくりした読者も多かったのでは?
(未読の方はぜひ連載本編で、その驚きを味わってください)
なにしろ妻本人が青天の霹靂で、思わず口をついて出てしまった言葉に戸惑っている様子。

連載本編では、まるで自分だけが理不尽に苦しんでいると言わんばかりに離婚を切り出してきた夫に、妻は「そのセリフ、おまえがいう?」と怒りのマグマが炸裂! 長い間無表情で沈黙を守ってきた妻の心情が徐々に明かされていきます。

妻の心に長年蓄積されてきた悲しみや苛立ちを、夫が心から理解する日はくるのでしょうか。
一方で、妻の思いにはどうしようもなく鈍感ながらも、一つひとつの言動に悪意はなく、妻に無視され続けながら家族のために働き続けるという生き地獄を味わってきた夫。妻が自分の気持ちに折り合いをつけ、この夫と向き合うことはできるのでしょうか。

これからストーリーはいよいよ佳境に突入。怒涛の展開からますます目が離せません!

* * *

以上、5月の月間人気コミック、ベスト5でした。

5月29日からは、まきりえこさんによる待望の新連載「実家が放してくれません」が始まりました。家族、親族、家系、親など、「家」に切り込むコミックエッセイです。
ニューフェイスも加わり、6月のランキングに変動は起こるでしょうか!? どうぞお楽しみに!

1 2 3 4 5

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

週間ランキング 今読まれているホットな記事