よみタイ

薄毛の原因はやはりラーメン!? 東大医師が教える、髪に良い食べ方・悪い食べ方

イラスト/きくちりえ(Softdesign)
イラスト/きくちりえ(Softdesign)

ラーメンの頻度を減らし、栄養のバランスを考えよう。

 例えばランチだけでなく、あらゆるシーンで、お酒を飲んだ後で、老若男女問わず人気のラーメン。もはや国民食と言われるほどおなじみの食事ですが、このラーメン、髪にとっては最悪のメニューともいえます。麺は糖質、スープで脂質と塩分はたっぷりなのに、せいぜいチャーシューやネギなどがトッピングされているだけで、タンパク質やビタミンなどほとんど摂れません。

 日頃、ラーメンをしょっちゅう食べたり、お酒の後のラーメンが習慣化している人は、間違いなく髪の成長にはよくありません。思い当たる人は、できれば頻度を減らし、お昼にラーメンを食べたら、夕食は白米や主食を抜いてタンパク質や野菜中心の食事にする、など栄養のバランスをとるようにしましょう。
 何も完全にラーメンをやめろと言っているわけではないんですよ。あくまでバランスの問題です。

 また、食べ方にもコツがあります。ベジファーストという食べ方で、食事を摂る時は、野菜(食物繊維)→タンパク質→糖質(主食類)の順番で摂りましょう。食物繊維を先に摂ることで糖の吸収を穏やかにし、腸にも優しい結果に。

 そして、食事はよく噛んでゆっくりと。糖質を食べ始めるまでに、15分以上かける意識で。早食いは満腹中枢が働き出す前に必要以上の量を食べすぎてしまう傾向があり、メタボにもなりやすいので厳禁です。そして、野菜やタンパク質のようにしっかり形のある食物からビタミンやミネラルなど代謝に欠かせない栄養素を取り出すには、よく噛んで細かくすることで、消化酵素がまんべんなく働ける下ごしらえをする方がよいのです。
 それから、例えば髪にいい食材はワカメ! と言われたとしても、ワカメばかり食べていても毛は生えてきません。すべての栄養素をきちんと摂らないと、その食材の持つ力を十分発揮できないので、バランスのいい食事がやはり大切なのです。

『東大医師が教える最強の育毛革命 ~ラーメンやめれば髪は勝手に生えてくる』大絶賛発売中!

田路めぐみ著 『東大医師が教える最強の育毛革命 ~ラーメンやめれば髪は勝手に生えてくる』(集英社) 1300円+税
田路めぐみ著 『東大医師が教える最強の育毛革命 ~ラーメンやめれば髪は勝手に生えてくる』(集英社) 1300円+税

東大医師が、薄毛から立ち直る「育毛メソッド」を初公開した『東大医師が教える最強の育毛革命 ~ラーメンやめれば髪は勝手に生えてくる』の詳細はこちら

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

田路めぐみ

神奈川県出身。平成9年、東京大学医学部医学科卒業。
日本形成外科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本外科学会会員。
虎の門病院外科レジデント修了後、東京大学形成外科医局に入局。帝京大学、東京大学、国立国際医療センターにて形成外科の研鑽を積み、焼津市立総合病院、国保旭中央病院にて形成外科科長を務める。その後国立がんセンター東病院頭頸科、せんぽ東京高輪病院(現JCHO東京高輪病院)形成外科を経て、2014年より、松倉クリニックに勤務。
美容のみならず形成外科・再建外科医としても活躍し、その幅広い臨床経験から、患者さんの状態やニーズに合わせて柔軟に治療法を選ぶ総合的な診療を得意とする。
自らの薄毛経験も活かし、身体全体とストレスまで考慮した総合育毛治療がクリニックでも人気を呼んでいる。

週間ランキング 今読まれているホットな記事