よみタイ

読書猿さんの『ハチミツとクローバー』評がSNSでも大反響! 2021年人気「特集記事」TOP5

【1位】「『ハチミツとクローバー』は残酷だから安心できる」。読書猿さんが救われた傑作漫画3選(5月23日配信)

今年の2月からスタートした特集連載「しんどい時によみタイ 私を救った1冊」。各界の読書家に「心が救われた本」「繰り返し読んで癒されている本」など、愛読書を紹介していただく企画です。
その第4弾にご登場いただいたのが、ブロガーで作家の読書猿さん。読書猿さんは、“正体不明の読書家”として注目を集める人気ブロガーで、著書『独学大全』(ダイヤモンド社)が10刷17万部を超えるベストセラーとなっています。

「独学の達人」「博覧強記の読書家」などと称される読書猿さんですが、意外にもご本人は「自分のことを読書家だとは思っていない」し、「むしろ本を読まずに済むならそれでいいとすら思っている」のだとか。
読書家ではないけれど、小さい頃は漫画家になりたかったほど漫画好きということで、「落ち込む度に繰り返し読む漫画」を3作紹介してくださいました。

そのうちの1冊が『ハチミツとクローバー』。「ドエトフスキー以上に、悲劇の哲学が学べる傑作」、「世界の残酷さにしっかりと打ちのめされ、正しく落ち込みたい時にもってこいの作品」など、読書猿さんの感性が炸裂する漫画評で、記事公開直後からSNSでも大きな反響を呼びました。

年末年始の読書の参考になる特集記事です!

***
以上、2021年の人気「特集記事」TOP5でした!
明日30日は、「よみもの」作品の年間ランキングを発表します。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

週間ランキング 今読まれているホットな記事