よみタイ

年収200万から年商10億までの道は「偶然」なんかじゃない〜MB『まんがでわかる「もっと幸せに働こう」』刊行記念特別寄稿

自分の未来の舵取りをするのはいったい誰なのか

私は実家から歩いて数分の距離にある地方大学出身、大した学歴は持ち合わせていません。就職した企業は地方の中小規模であり、やっていた仕事は年収200万円程度の販売員です。加えて精神疾患の持病があり、育ちは古い公共住宅に住む貧乏暮らし。毎日、鬱状態になりながら、お客さんの来ないお店に立ち続け、半ば腐りかけながらも生きていた、ごくありふれた……ありふれ過ぎた20代を送りました。

そんな私でも年商10億円以上の企業を運営しています。

そしてこれは胸を張って言えますが、「偶然」なんかではありません。
私が「このまま人生終わるものか」と腹を括ったのが29歳頃の時。借金して東京にセミナーを受講しに行き、仕事が終わればひたすら勉強し、虎視淡々と考え方を整え、1年後に副業として今の事業を開始しました。

実はこんなエピソードがあります。

数年前に実家の母から連絡があり
「あんたの部屋を掃除していたらがメモを見つけた」と。
そのメモを見て母はいたく感動したそうです。

そのメモには今の未来がそのまま綴られていたからです。

30歳にこうなる、32歳にこうなる、34歳にこうなる……
自分の仕事はファッションというツールを使って……
年商はこのくらいになり、住む家はこういうところで……

事細かに書かれた未来予想図は未達成の部分もありましたが、ほとんどが今の私をそのまま表していました。それを見た母はこう思ったそうです。

「この子は偶然で成功したんじゃなかったんだ。すべて狙ってやったことだったんだ」

母はいつも不思議がっていたのです。
「あんなに頭が悪くて冴えない息子が起業なんて、どうして??」と。
しかしそのメモを見て「努力がこの子を変えたんだ」と理解したそうです。

――私は私の成り上がりを自慢したいのではありません。

おそらく多くの起業家がそうだと思いますが、そんなものに興奮するほど人生に退屈していません。
それよりも何よりも私が興奮しながら言いたいことは、

「学歴も職歴もないただのサラリーマン」でも努力と考え方で「人生を舵取りすることができる」

ということ。

これは偉大な人間が書いた本ではないけれど、
これは虚飾でも嘘でもない。

等身大よりもさらに小さい、底の知れた若者が実際に起こした話なのです。
だからこそ皆さんに伝えたい。
人生を見限らないでほしい

どこか自分の未来を見限っている節が、あるのではないでしょうか。
30歳になったらこうなって
40歳になったらああなって
50歳になったら、60歳になったら、70歳になったら……

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント
MB

エムビー●誰もが理解できる「オシャレの教科書KnowerMag」を運営。視覚効果や印象論などをベースにしたロジカルなファッション指南が好評を博す。「最速でおしゃれに見せる方法」「ほぼユニクロで男のおしゃれはうまくいく」などメンズファッション書籍の多数のベストセラーを始め、関連書籍は累計120万部を突破。月額500円のメールマガジンは個人配信では日本1位を記録、月額5千円のオンラインサロン「MBラボ」も常に満員御礼状態に。自身のブランド「MB」発のオリジナルアイテム、大手ブランドとのコラボアイテムも爆発的な売上を記録している。
よみタイ連載をまとめた本作の原作ビジネス書「もっと幸せに働こう」は紙版・電子版ともに多くの支持を集めている。

公式サイト● KnowerMag
Twitter●@MBKnowerMag
公式YouTube ●MBチャンネル

瀬川サユリ

瀬川サユリ(せがわ・さゆり)●漫画家。
少年マガジン新人賞受賞をきっかけにデビュー。「シリウス」など少年誌をはじめ、少女漫画、コミカライズ、イラストなど幅広いジャンルで活躍。

Twitter●@mogezoh

堀田純司

堀田純司(ほった・じゅんじ)●マンガ原作者、作家。
主な著書に『僕とツンデレとハイデガー』『オッサンフォー』、シナリオを担当した『まんでわかる妻のトリセツ』などがある。日本漫画家協会員。

Twitter●@h_taj

週間ランキング 今読まれているホットな記事