よみタイ

レースクイーンの源流となる女性は、明治時代や戦前にすでに存在していた!?

レースクイーンの源流となる女性は、明治時代や戦前にすでに存在していた!?

 松竹少女歌劇団のトップスター、ターキーこと水の江瀧子のブロマイド。やはりクルマとトップスターは当時から関係があったようだ。昭和初期のもの(小針さん所蔵)
松竹少女歌劇団のトップスター、ターキーこと水の江瀧子のブロマイド。やはりクルマとトップスターは当時から関係があったようだ。昭和初期のもの(小針さん所蔵)
(左から)小林千代子と能勢妙子のポストカード。左下に「NISSAN」のロゴがしっかり! 昭和12年ごろ撮影(小針さん所蔵)
(左から)小林千代子と能勢妙子のポストカード。左下に「NISSAN」のロゴがしっかり! 昭和12年ごろ撮影(小針さん所蔵)

レースクイーンの源になったのは少女歌劇団と歌手たちだった!?

その人物とは、小針侑起さん。近代芸能文化史、浅草オペラ史の研究家で、近著に『大正昭和美人図鑑』(河出書房新社)がある。小針さんからは明確な回答がすぐにきた。

「昭和12年7月の浅草国際劇場のこけら落とし公演で、ほぼ間違いないのではないかと。私がもっている、1964年に松竹で発行された非売本『松竹七十年史』の文中にも、スターたちが本物の自動車6台に分乗して開幕に登場する、と記されていますので」

小針さんは、取材の際、自身が収集した数千枚以上のブロマイドやポストカードの中から、貴重な数枚を持ってきてくれた。

「明治の終わりごろには、その当時の超売れっ子だった芸妓さんがクルマに乗ってポーズをとっている絵葉書も既に存在するんですよ。で、私が持ってまいりました資料は、自動車に乗ったターキーこと、水の江瀧子さん。松竹少女歌劇団きってのトップスターですね。そして、昭和7年にビクターからデビューした歌手の小林千代子さんと、昭和11年に同社へ入社した歌手の能勢妙子さんです。ターキーのほうは、昭和初期ごろに撮影されたものですかね。後者の二人は、昭和12年ごろに撮影したものと思われます」

小林千代子と能勢妙子のポストカードには、はっきりとNISSANのロゴマークが写真左下に入っている。時代性、そして一緒に写っているクルマのフロント部分を見ると、ほぼニッサン70型と見て間違いないだろう。ポストカードの裏には、日産自動車株式會社と日産自動車販賣株式會社の文字があった。販促用のものと思われる。

つまりは当代の美女たちを起用して、一大キャンペーンを張ったわけである。

小針さんいわく当時は様々な企業がイメージガールを立てて、さかんに宣伝活動を行っていたという。事実、小針さんは昭和12年の読売新聞の記事に“日産宣傳ガール”が登場することを突き止めている。ほかにも、昭和7年にはじまった森永製菓「スヰ(イ)ートガール」などがあり、大変興味深い。

「松竹少女歌劇団は、宝塚少女歌劇団の山の手な雰囲気と違って、浅草が拠点でしたから、もっと大衆寄りだったんですね。出演者たちも健康的な肢体の持ち主で色香があった。観客は女性主体でしたが、男性もちらほらいたようです。一方、小林千代子や能勢妙子といった歌手は、小林が大人でモダンな美人、能勢が女学生のごとき可憐さで売っていた。私はレースクイーンは専門外ですが(笑)、こうしてみると(女性の立ち位置などの)構図は今も昔も変わらないのですね」

小針さんの指摘どおりだ。クルマと華麗な女性のコラボレーションは、あこがれの存在として、永らく息づいてきた。

日本のレースクイーン・カルチャーは、約1世紀前に端を発し、いまだブレていない文化だというのは言いすぎだろうか。

(第3回に続く)

 小針さんの近著『大正昭和美人図鑑』(河出書房新社)。右のプロマイドなど車と女性の関係を伝える貴重な写真はもちろん、同時代を彩った美女たちが満載!
小針さんの近著『大正昭和美人図鑑』(河出書房新社)。右のプロマイドなど車と女性の関係を伝える貴重な写真はもちろん、同時代を彩った美女たちが満載!

次回は、サーキットに現れた本格的レースクイーンのはじまりについてお伝えする予定です。お楽しみに!

バナー写真提供/GALSPARADISE

連載第1回はこちらから

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

高橋史門

たかはし・しもん●エディター&ライター。1972年、福島県生まれ。日本大学在学中に、「思想の科学」にてコラムを書きはじめる。卒業後、「Boon」(祥伝社)や「relax」、「POPEYE」(マガジンハウス)などでエディター兼スタイリストとして活動。1990年代のヴィンテージブームを手掛ける。2003年より、「週刊プレイボーイ」や「週刊ヤングジャンプ」のグラビア編集、サッカー専門誌のライターに。現在は、編集記者のかたわら、タレントの育成や俳優の仕事も展開中。主な著作に「松井大輔 D-VISIONS」(集英社)、「井関かおりSTYLE BOOK~5年先まで役立つ着まわし~」(エムオンエンタテインメント※企画・プロデュース)などがある。

週間ランキング 今読まれているホットな記事