よみタイ

丑年だからこそ知ってほしい! 肉バカの肉バカによる肉バカのためのとっておきの和牛の話

幻、稀少という言葉に騙されちゃいけない

メディアの情報でよく見かける『幻の和牛』という表現。
年間○○頭しか出荷されないことをアピールしている。

それは本当に幻だろうか!?

普段は地域毎にブランドの管理を行っているので、ブランド牛全体でみれば出荷頭数は多いが、生産者毎にみれば、ほとんどの生産者の和牛が幻になりそうだ。

また、少ない品種や血統には少ない理由がそれぞれ存在する。
その理由全てが美味しさに直結するわけではない。

その一方、利益を度外視して味を追求するが故に、ほとんど出荷できない和牛も確かに存在する。

稀少部位も同じだ。
取れる量が少なければ少ないほど旨いわけではない。

簡単なことではないが、もっと和牛の知識の本質が広まって欲しい。

「○○だから100%旨い」はない。だからこそ、和牛は面白いのだ。
「○○だから100%旨い」はない。だからこそ、和牛は面白いのだ。

肉バカYouTube始めました

『肉バカ小池克臣の和牛大学』

もっと和牛を知って欲しい。
焼き方が分かれば、焼肉はさらに旨くなる。
本質を少しでも知って欲しい。
動画じゃないと伝えられないことを伝えたい。

そんな思いが爆発して遂にYouTubeを始めた。

色々なお店の良さや肉バカなりの楽しみ方を伝え、和牛の美味しさを伝えたいのだ。
それぞれのお店によって、カットの厚さや熱源が違うので、それに合わせてどうやって焼いたら良いのか披露している。

週一くらいの頻度でアップ予定なので、一年でかなりのお店を紹介出来るだろう。

肉バカのYouTubeを再生しながら、そのお店で同じように焼く人が出てきたら凄いし、うれしいね。

肉バカが気が遠くなるほど焼いてたどり着いた焼き方の極意を動画で伝授!
肉バカが気が遠くなるほど焼いてたどり着いた焼き方の極意を動画で伝授!

*記念すべき第1回は、和牛を焼きに焼きまくった肉バカが敬愛する究極の焼肉、「焼肉 しみず」の「会長コース」が登場!

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事