よみタイ

「『フレンズ』で90〜00年代の感情を追体験」。「smart」元編集長・佐藤誠二朗さんが今年ハマった「シットコム」サブスク動画3選

「『フレンズ』で90〜00年代の感情を追体験」。「smart」元編集長・佐藤誠二朗さんが今年ハマった「シットコム」サブスク動画3選

今年も残すところあとわずか。 この年末年始も、旅行や外食を控えて、自宅で過ごすという人が多いのではないでしょうか。
そんな「おうち時間」を充実させてくれるツールの一つが、サブスク動画。Amazon PrimeやNetflix、Huluなど、多彩な動画コンテンツを楽しむことができる配信サービスです。

そこで本特集では、日頃からエンタメを愛する「よみタイ」の執筆陣に、2021年にハマったサブスク動画を紹介していただきます。今年を締めくくる、特別企画です!

第1回は、現在「よみタイ」で、「CITY BOYおじさん 湖畔でデュアルライフはじめました。」を連載中の佐藤誠二朗さん。
「今年特に長い時間を費やして観たのは、シットコム(シチュエーション・コメディ)」と語る佐藤さんが、特にお気に入りのシットコム作品を3作紹介してくださいます。
各作品のファッションスタイルにも言及されているのは、「smart」元編集長で、ファッションやカルチャーに精通する佐藤さんならではの視点です。
年末年始は気軽に楽しめる作品を観たいという方は、ぜひ参考にしてください!

(構成/「よみタイ」編集部)

同世代の主要キャラに共感 『フレンズ』

「フレンズ <シーズン1-10>」 ブルーレイ全巻セット/65,780 円(税込)/ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント(発売元)/NBC ユニバーサル・エンターテイメント(販売元)/© 2021 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved.
「フレンズ <シーズン1-10>」 ブルーレイ全巻セット/65,780 円(税込)/ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント(発売元)/NBC ユニバーサル・エンターテイメント(販売元)/© 2021 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved.

1994年から放送がはじまり、2004年までに10シーズンが制作されたテレビドラマ『フレンズ』は、日本にもたくさんのファンを持つ大人気シットコム。
ニューヨーク・グリニッジヴィレッジのアパートの一室でルームシェアライフを送るモニカとレイチェル、彼女たちの向かいの部屋で暮らすチャンドラーとジョーイ、モニカの兄であるロス、そしてモニカの元同居人であるフィービーが織りなす恋愛話中心のあれやこれや。1場面ごとにいくつもの笑いのトラップが仕掛けられているコメディだが、ホロリあるいはしんみりとさせられるシーンが多いのも人気の秘密なのだろう。

© 2021 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved.
© 2021 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved.

スマートなニューヨーカーである彼らに自分を投影するのもなんだが、エピソードの一つ一つに深く共感できるのは、主要キャラの6人と僕がまさに同世代だからだ。劇中の彼らと同様、僕もミレニアムを挟む10年間には、自分に向いた仕事を模索し、仲間たちとバカをやり、いくつかの恋をし、結婚して家庭を持った。自分の記憶とダブらせ、喜びや不安、笑いの追体験を楽しめるドラマだったりもするのだ。登場人物の服装には当時のトレンドが反映されているので、懐かしのおしゃれを見る楽しみもある。

ノームコアファッションの象徴 『となりのサインフェルド』

本国アメリカのテレビ史上で、前例がないほどの人気番組となった『となりのサインフェルド』は、1989年から1998年にかけて9シーズンが制作されたシットコム。
本人役のスタンドアップコメディアン、ジェリー・サインフェルドを中心に、高校からの仲であるジョージ、別れた元カノでありながら親しく友達づきあいを続けるエレイン、そしてアパートの隣の部屋に住む超変人・クレイマーの4人が主要キャストである。
スタート当初はアラサー、終了時にはアラフォーになっている彼らの日常を描いたドラマで、何かが起こりそうで実は何も起こらず、ホロリともしんみりともさせられず、今の時代に見ると度を越しているようにも思える強烈ギャグの連発に、ただ身を委ねるのが快感。登場人物のファッションはニューヨーカー的ではあるものの、みんなどこか垢抜けない。アンチファッション的でもあり、おしゃれをすることの気恥ずかしさを体現する彼らだが、2010年代に起こったノームコアの流行では、“サインフェルドこそがノームコアの象徴だった”と称賛されこともある。男性が持つ小さなバッグを揶揄したり、財布を持つことを「前時代的だ」と評したりするシーンも面白い。

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

佐藤誠二朗

さとう・せいじろう●児童書出版社を経て宝島社へ入社。雑誌「宝島」「smart」の編集に携わる。2000~2009年は「smart」編集長。2010年に独立し、フリーの編集者、ライターとしてファッション、カルチャーから健康、家庭医学に至るまで幅広いジャンルで編集・執筆活動を行う。初の書き下ろし著書『ストリート・トラッド~メンズファッションは温故知新』はメンズストリートスタイルへのこだわりと愛が溢れる力作で、業界を問わず話題を呼び、ロングセラーに。他『糖質制限の真実』『ビジネス着こなしの教科書』『ベストドレッサー・スタイルブック』『STUSSY2017 FALL/HOLIDAY COLLECTION』『DROPtokyo 2007-2017』『ボンちゃんがいく☆』など、編集・著作物多数。

ツイッター@satoseijiro

週間ランキング 今読まれているホットな記事