よみタイ

南和行「離婚さんいらっしゃい」

私は強い男を求める(上)

KasparsGrinvalds/Shutterstock.com
KasparsGrinvalds/Shutterstock.com

【ハニ子と弁護士】

(弁護士)
ハニ子さん、久しぶり。
司法修習以来だね。
僕はもう刑事事件ほとんど受けないから、
法廷では会うこともないし。

(ハニ子)
同期の中では、
離婚の問題は、
アナタが一番だと聞いたから、
相談したくて。

ハニ子は、
今の状況を説明し、
できるだけ早く夫と離婚して、
上司と再婚したいということを言った。

(弁護士)
なるほど。
ハニ子さんの旦那さんとは、
僕が弁護士になって3年目のとき、
国選の刑事事件の公判で、
一戦交えたよ。
ごくごく普通の検察官だったけど、
ハニ子さんには、
物足りないのかな。

(ハニ子)
男として物足りないくらいのほうが、
仕事も家庭も両方持ちたい私には、
ちょうどいいという判断だったのよ。

(弁護士)
だけど、自分自身の仕事が、
整ってくると、
物足りない男は足手まといでしかないと……

(ハニ子)
そこまで言うつもりはないけど、
そう思われてもいい。

(弁護士)
これはいつも言うことだけど、
離婚届の協議離婚なら、
お互いが「離婚しよう」となれば、
すぐにでも離婚できる。

女性であるハニ子さんも、
離婚後100日が経過すれば、
再婚もできる。

でも、旦那さんが離婚することに、
同意しなければ、
わかるよね?

(ハニ子)
ええ。
離婚をしたい私から、
夫に対して離婚調停を申し立てて、
調停でも離婚の合意ができなければ、
離婚訴訟を起こして、
判決で離婚を成立させるしかない。

(弁護士)
で、そこまでする覚悟ある?

(ハニ子)
正直、検察官同士の夫婦で、
離婚調停までなれば、
何かしらの仕事上の不利益があるように思う。

夫は、今、地方の勤務だから、
夫の仕事場でもある裁判所に、
私が離婚調停を起こすのは、
さすがに難しいわ。

(弁護士)
じゃあ、夫婦の話し合いで、
離婚をまとめる自信はある?

(ハニ子)
そこが不確かだから、
私は、あなたに私の代理人として、
夫との離婚をまとめる話を任せたいの。

(下)に続く

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

南和行

みなみ・かずゆき●1976年大阪府生まれ。京都大学農学部、同大学院修士課程卒業後、大阪市立大学法科大学院にて法律を学ぶ。2009年弁護士登録(大阪弁護士会、現在まで)。2011年に同性パートナーの弁護士・吉田昌史と結婚式を挙げ、13年に同性愛者であることを公言する同性カップルの弁護士による弁護士事務所「なんもり法律事務所」を大阪・南森町に立ち上げる。一般の民事事件のほか、離婚・男女問題や無戸籍問題など家事事件を多く取り扱う。著書に『同性婚―私たち弁護士夫夫です』(祥伝社新書)、『僕たちのカラフルな毎日―弁護士夫夫の波瀾万丈奮闘記』(産業編集センター)がある。
大阪の下町で法律事務所を営む弁護士の男性カップルを追った、本人とパートナー出演のドキュメンタリー映画『愛と法』が話題。
・なんもり法律事務所
http://www.nanmori-law.jp/
・南和行のTwitter
https://twitter.com/minami_kazuyuki
・吉田昌史のTwitter
https://twitter.com/yossy_nan

週間ランキング 今読まれているホットな記事