よみタイ

2024/6/26

消費される階級

酒井順子

判型
四六判ソフトカバー
頁数
264
ISBN
978-4-08-788116-5
価格
1,870円(10%税込)
発売日
2024年6月26日

上に見たり、下に見たり〜姿を変えた世間の「凸凹」を考察する。

あの人より、上か、下か―「差別や格差を無くして、様々な違いを持つ人々が全て横並びで生きていきましょう」となった昨今、表面上は序列、区別、差別は消えたものの、姿を変えた「凸凹」は、いまだ世の中のあちこちに。『負け犬の遠吠え』『下に見る人』『男尊女子』『家族修了』など、時代を切り取る名著の書き手が、日本人の根深い階級意識をあぶり出す。
以下、「上に見たり、下に見たり」を考察する21章タイトル。
・男高女低神話のゆらぎ
・五十代からの「楢山」探し
・まぶた差別と日韓問題
・〝親ガチャ″と〝子ガチャ″
・東大礼賛と低学歴信仰
・『ドラえもん』が表す子供社会格差
・「有名になる」価値の今昔事情
・「ひとり」でいることの権利とリスク
・おたくが先達、〝好く力″格差
・バカ差別が許される理由
・ミヤコとアズマ、永遠のすれ違い
・「かっこいい」、「ダサい」、「センスいい」
・超高齢化時代のおばあさん格差
・姫になりたい女の子と、姫として生まれた女の子
・デジタル下層民として生きる
・男性アイドルは無常の風の中に
・世代で異なる、斜陽日本の眺め方
・反ルッキズム時代の容姿磨き
・モテなくていいけど、出会いたい
・稼ぐ女と、使う女・遅ればせながらの金融教育

「人が二人いればすぐに上下をつけたくなる人間という生き物は今、もしかしたら本能なのかもしれないその「上下差をつけたい」という欲望を内に秘めつつ、「違いを認め合い、すべての人が横並びで生きる」という難題に挑もうとしています。実は革命以上の困難を伴うものなのかもしれないその挑戦は、これからどうなっていくのか。我々の生活の中に潜む階級の数々を見つめつつ、考えていきたいと思います」(本書「はじめに」より一部抜粋)

☆☆☆
酒井順子さん トークイベントのお知らせ

本書の刊行を記念して、武田砂鉄さんをお迎えし、トークイベント・サイン会を行います。

日時 7月1日(月)19:30~21:30 (19:00オンライン開場)
開催場所 本屋B&B(世田谷区代田2-36-15 BONUS TRACK 2F)
+オンライン配信あり
入場料
【来店参加(数量限定・1ドリンク付き)】2,750円(税込)
【配信参加】1,650円(税込)
【サイン入り書籍つき配信参加】1,650円+書籍『消費される階級』1,870円(いずれも税込)※イベント後発送
【サインなし書籍つき配信参加】1,650円+書籍『消費される階級』1,870円(いずれも税込)※イベント後発送

詳細につきましては、下記をご覧ください。
https://bookandbeer.com/event/20240701_usk/


酒井順子

さかい・じゅんこ
1966年東京生まれ。高校在学中から雑誌にコラムを発表。大学卒業後、広告会社勤務を経て執筆専業となる。
2004年『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞をダブル受賞。
著書に『裏が、幸せ。』『子の無い人生』『百年の女「婦人公論」が見た大正、昭和、平成』『駄目な世代』『男尊女子』『家族終了』『ガラスの50代』『女人京都』『日本エッセイ小史』の他、『枕草子』(全訳)など多数。

book-sample

関連書籍

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Facebookアカウント
  • よみタイX公式アカウント

週間ランキング 今読まれているホットな記事