よみタイ

「いや〜またカンヅメにされちゃったよ」――なんてセリフを聞いたことがありませんか? 原稿の締め切りを守れない作家や漫画家にひたすら執筆させるべく、旅館やホテルの一室に閉じ込め、見張るという、出版社の編集たちが編み出した苦肉の策こそ、この「カンヅメ」。
本の街・出版社の聖地と言われる東京・神保町界隈には、そうしたカンヅメに使われた旅館が点在していました。そこで、当時の雰囲気や文豪気分を味わえる「文豪缶詰月間」が6月19日(土)〜7月19日(月)の期間で開催。ウェブでも参加可能な「文豪クイズラリー」は、「よみタイ」に連載中の『ブンゴウ泣きたい夜しかない。』(進士素丸)とコラボしていますので、ぜひご参加を!

気分は大作家? 6月19日〜神保町にて「文豪缶詰月間」始動! 文豪クイズラリーも見逃せない!

神保町で、大作家たちのあれこれに触れながら散策を楽しめる「文豪缶詰月間」

2021年5月に残念なニュースが神保町界隈を、そして文豪フリークたちの間を駆け抜けました。あの、鳳明館が当面の間、休業することに!

本郷といえば、数多の文豪が居を構えたり、投宿していた場所であり、出版社が漫画家や作家たちをカンヅメにしていた旅館も多くありました。しかし100軒近くあった旅館も、今は鳳明館と更新館を残すのみでした。
昭和25年の創業以来、増築や補強等はしたものの、ほぼ昔の姿のまま。文学の趣にあふれる雰囲気は文豪ファンならずとも魅力的なスポットで、休業を惜しむ人は少なくありません。

そんな、この鳳明館を利用しての「文豪缶詰プラン」(主催/(株)八十介)なる体験型宿泊プランが人気を呼んでいました。ブラックな架空出版社「鳳明出版社」が、先生たち(宿泊客)を容赦なくカンヅメにし、原稿を催促するというユニークな宿泊プランは、カンヅメにされる文豪気分を余すところなく体感できる、と評判に。

そこで、鳳明館が休業になったことで、今年はこのプランを引き継ぎつつ、エリアに合わせた新しい形で、2021年6月19日(土)から7月19日(月)の1カ月間、千代田区・神田神保町で「文豪缶詰月間」なるイベントが開催されることに!

こちらが惜しまれつつも休業してしまった鳳明館(画像提供/(株)八十介)
こちらが惜しまれつつも休業してしまった鳳明館(画像提供/(株)八十介)

「文豪缶詰月間」とは、本の街・出版社の聖地・伝説のカンヅメ旅館が点在したエリア、ということで、「神保町の街で執筆したり仕事したり、街歩きを楽しんだりする1ヵ月」として設けられたイベント期間。

神保町駅界隈のイベント協力店舗では、【缶ヅメバッヂの提示で特典がある】【クイズラリーのクイズが掲示されている】【クイズラリーの景品交換ができる】【缶ヅメバッヂ&クリアファイルを販売している】など、様々な特典やお楽しみが。
また、7月3日(土)限定で、サクレン神保町・御茶ノ水ホテル昇竜館の2つのホテルで、鳳明館同様の「こもって作業に集中したい方(サクレン神保町)」と、「イベント感を楽しみたい方(お茶の水ホテル昇龍館)」のようにそれぞれ特徴を分けた「文豪缶詰プラン」宿泊を実施するので、伝説の宿泊体験を体感したい方はぜひこちらで。

イベントの詳細はこちらから。

缶ヅメバッジセットの購入は特設購入ページから、サクラカフェ神保町神保町ブックセンターでも6月19日(土)から購入可能です。

架空のブラック出版社「鳳明出版社」のオリジナルグッズは激レア?(画像提供/(株)八十介)
架空のブラック出版社「鳳明出版社」のオリジナルグッズは激レア?(画像提供/(株)八十介)

そして何といっても「よみタイ」的に見逃せないのは、神保町駅周辺で実施される「おかしくも愛おしい文豪クイズラリー」。

「文豪」「読む」「散策」をコンセプトに、文豪の愛すべき奇天烈エピソードにまつわるクイズが街のあちこちに貼りだされます。アプリ不要で参加でき、ウェブ上でクイズの回答を入力するとスタンプをゲット。誰でも無料で参加できるイベントというのも大きな魅力です。
クイズラリーを制覇したら、いちご大福専門店「よねはく」で先着50人にいちご大福をプレゼントなどの特典もあるので要チェック!

しかもクイズの内容は「よみタイ」の進士素丸さん連載『ブンゴウ泣きたい夜しかない。』とのコラボ!
文豪、文芸にそんなに詳しくない人も、本連載をチェックすることでラリー制覇も夢じゃなし!

文豪クイズラリーの詳細はこちらから。

連載ともども、ぜひお楽しみください!

芥川に太宰に川端に……才能豊かで個性爆発の文豪クイズは必見!(画像提供/(株)八十介)
芥川に太宰に川端に……才能豊かで個性爆発の文豪クイズは必見!(画像提供/(株)八十介)
こんな文豪クイズが神保町のあちこちに(画像提供/(株)八十介)
こんな文豪クイズが神保町のあちこちに(画像提供/(株)八十介)
簡単な詳細はこちら!(画像提供/(株)八十介)
簡単な詳細はこちら!(画像提供/(株)八十介)

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

進士素丸

しんじ・すまる●1976年2月生まれ。ライター・文筆家。「文豪どうかしてる逸話集」(KADOKAWA)著者。文豪や歴史にまつわるツイートも話題に。
雑誌・ウェブ媒体などに寄稿しつつ、映像制作やデザインなども手掛ける。

Twitter●@shinjisumaru

週間ランキング 今読まれているホットな記事