よみタイ

泣ける! 勉強になる! 反響続々『漫画家しながらツアーナースしています。こどもの病気別“役立ち”セレクション』感想&読みどころ紹介

現役漫画家にして、修学旅行や林間学校に同伴する看護師、通称「ツアーナース」である明さんが、病気を抱える子どもたちの事情や想いを描く人気連載「漫画家しながらツアーナースしています。」
6月5日に発売された単行本第2弾『漫画家しながらツアーナースしています。こどもの病気別“役立ち”セレクション』も大好評! 
ということで、今回はツイッターなどで寄せられた読者のみなさまの感想とあわせて、名場面や読みどころを紹介します。

(文・構成/よみタイ編集部)

「すべての親、先生に読んで、頭に入れてほしい」

気温が高まるにつれ、心配になるのが熱中症のこと。
第1章「身近なケガや病気編」で、熱中症の怖さを描いた「命を守るための力を…」にも大きな反響が寄せられました。中には「(この本は)すべて参考になりますが、特に熱中症対策の話は覚えよう」という声も。

単行本より
単行本より

その他、読者のみなさまからはこんな声も!

「熱中症ホント怖い!」
「熱中症は死に至ります」
「わかっていても集団行動で迷惑をかけないように無理しちゃうこともある。気をつけたい」
「具合が悪くなった時には遅い。予防が大事」
「すべての親、先生に読んで、頭に入れてほしい」

本書では熱中症の予防策と対策がわかりやすくまとめられています。暑さ厳しくなる今の時期、改めて確認しておきたいエピソードです。

「自分も悩んでいた時、周りにこんな大人がいてくれたらよかった」

第2章「いろんな想いを持つこどもたち編」には、苦しみや悩みを抱えるこどもたちと彼らにそっと寄り添うツアーナースの姿が描かれ、「泣ける!」「自分も同じだったからわかる」と、感動や共感の声が集まりました。

特に自傷行為を繰り返す女子児童との交流を描いた「あの時 話してくれた君へ」にはたくさんの声が届きました。

「自分も悩んでいた時、周りにこんな大人がいてくれたらよかった」
「大切なメッセージをありがとう」
「身近にもリストカットしている人がいるから悩みながら読んだ」
「世界には辛い事を吹き飛ばす程に面白くて楽しくて愛しくて、生きてやり続けたくなる事がある。それを子供に見つけさせてあげたい」

単行本より
単行本より

長期休暇明けにはこども自殺が増えると言われていますが、「こどもだけの問題じゃない。大人にも一人で抱えるのは難しい問題がある」といった声も。
こどもも大人も、かけがえのない人の命と心を守るために何ができるか、大切なヒントが詰まったエピソードです。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

週間ランキング 今読まれているホットな記事