よみタイ

知る人ぞ知る「縁結び」の神社で目にしたもの
めくるたび、どんどん怖くなる。
『一行怪談』で知られる吉田悠軌さんの書き下ろし怪談集『日めくり怪談』から選りすぐりのお話をご紹介します。
1日5分の恐怖体験をお楽しみください。

知る人ぞ知る「縁結び」の神社で目にしたもの

 知る人ぞ知るという縁結びの神社を、友だちのマキに教えてもらった。
「有名じゃないけど、ものすごくパワーが強いらしいよ。恋愛に悩む人が最後にお願いするところなんだって」
 まさに今の私にぴったりじゃないか。さすがマキ、パワースポット・マニアを自称するだけある。すぐにでも行ってお願いしなくては。

 でもたどり着いた先は、どこにでもあるような住宅街。昼下がり、住人たちの姿もなく、どこまでも静かでのどかな空気が漂っている。
 周囲をぐるりと確認しても、神社らしき鳥居や建物は見当たらない。
 もしかして、マキにからかわれた?
 こんな冗談、許せないんだけど。  
 頭に血が上りかけたところで、ふと、住宅の間に不自然な空間があるのに気づいた。
 近寄ってみると、そこは家一つ分ほどの空き地で、いちばん奥に古びたほこらだけがたたずんでいる。他には、鳥居も本殿もない。
 スマホで確認すると、確かにこのポイントが、マキに教えられた住所だ。
 なんか予想とぜんぜん違うけど、まあこれでも神社には違いないか。
 
 マキの説明では、絵馬に恋愛のお願いを書いて奉納しろとのこと。確かに、脇の小さな机に絵馬がいくつか並べられている。それにコイン穴が開けられたアルミ缶と「三百円いれてください」との貼り紙。絵馬の無人販売ってことか。
 こんなにゆるくて大丈夫かな……。心配になったけど、ここまできたら祈願するしかない。三百円を缶に入れて、持ってきたマジックペンを絵馬に突き立てる。「本名をちゃんと書いた方が、お願いの効果があるからね」とマキに言われてるけど、彼氏の方は名前を知らないから、仕方ないよなあ。

〝遠山マキが彼氏と別れますように〟
 
 縁結びに効くんなら、縁切りにだって効くだろう。  
 それに広い意味では、これも縁結びになるはずだから。私に名前も教えてくれないような彼氏なんて、さっさと別れて次の縁を探した方がマキのためでもある。

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

吉田悠軌

よしだ・ゆうき●1980年東京都出身。怪談、オカルト研究家。怪談サークル「とうもろこしの会」会長。オカルトスポット探訪マガジン『怪処』編集長。怪談現場、怪奇スポットへの探訪をライフワークとし、執筆活動やメディア出演を行う。『怪談現場 東京23区』『怪談現場 東海道中』『一行怪談』『一行怪談漢字ドリル 小学1~4年生』『禁足地巡礼』など著書多数。
Twitterアカウント:@yoshidakaityo

週間ランキング 今読まれているホットな記事