よみタイ

読書週間に読みたい!「感性を磨き、自分を育てる」厳選5冊

10月27日から11月9日までの2週間は「読書週間」です。
「よみタイ」では、この機会にぜひ読んでいただきたい書籍、厳選15冊を3回に分けてご紹介します!
第3弾となる今回は、「感性を磨き、自分を育てる5冊」。秋の夜長にじっくり読みふけりたくなるような名作ぞろいです。
(文・構成/「よみタイ」編集部)

じわじわと想像力が喚起される実話怪談

「貞子」の名とともに、世界中に日本ホラーの底深さを知らしめた<リング>シリーズ。その生みの親である鈴木光司さんによる実話怪談集が『海の怪』です。

鈴木光司『海の怪』
鈴木光司『海の怪』

怪談界の重鎮・稲川淳二さんが「心地よい恐怖に浸るうちに怪異な闇に呑み込まれてゆく極上のミステリーに酔い痴れました」と絶賛する本作。
海の底知れぬ魅力と、海をめぐる無限の恐怖が入り混じる18エピソードが収録されています。

ここに集めたのは、25年に及ぶ自身の航海経験を中心に、海の仲間や、知人友人から聞いた怖い話、不思議な話、おかしな話など、様々なエピソードである。
怖がらせて海を遠ざけようという意図はない。むしろ、海の神秘に触れて畏怖の念を抱き、さらに魅せられてほしいと願う。

単なる怖い話ではなく、海にまつわる不思議なエピソードの数々にじわじわと想像力が駆り立てられます。
書籍の詳細はこちらから

稲川淳二さんと鈴木光司さんによる怪談や対談のスペシャル動画も公開中です!

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

週間ランキング 今読まれているホットな記事