よみタイ

鈴木光司『海の怪』刊行記念 スペシャル対談~ゲスト 稲川淳二

世界的大ヒット<リング>シリーズは、「貞子」の名とともに、日本ホラーの底深さを知らしめました。
「よみタイ」連載時から話題を呼んだ新刊『海の怪』は、25年に及ぶ鈴木光司さん自身の航海経験を中心に、海の仲間たち、知人友人から聞いた話をベースとしたもの。底知れぬ海の魅力と、海をめぐる無限の恐怖が入り混じる18エピソードが収録されています。

このたびの刊行を記念して、かねてから親交が深く、鈴木さんが「師匠」と呼ぶ怪談家の稲川淳二さんとの対談が実現!
稲川さんからは、学生時代の海辺での恐怖体験談、さらにその話にまつわる悲しいエピソードが、鈴木さんからは、本書収録「言われるがまま」の下地となった実話怪談がお披露目となりました。
撮影現場のスタッフ全員が凍った2話、心してお聴きください……。

『海の怪』刊行記念 スペシャル対談! 鈴木光司×稲川淳二

全国各地で開催される怪談イベントは常に大盛況、怪談家として突出した人気を誇る、あの稲川淳二さんをお迎えしての対談が実現。旧知の間柄ながら、本格的に話すのはこれがほぼ初めて。

「自分の船で海に出る思いを果たすために小説家になった」鈴木さんと、「海に憧れはあるし温泉や水割りは好きだけど、水はダメ、広い海が怖い」という稲川さん。
久しぶりの対面とは思えないほど、冒頭から海の話で盛り上がりを見せました。

まず、稲川さんからお披露目されたのは、数十年前の夏に行った西伊豆での話。
さすがの語り口で、撮影現場は水を打ったように静まり返り、スタッフ全員が聴き入ります……。

昼間の浜辺で友人たちと遊んだのち、夜になって民宿へ戻る彼らを見送り、稲川さんだけが残ることに。岩場でいつの間にか居眠りをし、ふと目覚めると……。

稲川さんからもたらされた恐怖の余韻に浸っているうちに、鈴木さんの実話怪談へ。取り上げたのは、連載時でも特に人気が高く、本人も印象深い体験だったという本書収録の一篇「言われるがまま」。
沖縄への航海の途中、和歌山で温泉に行こうと仲間たち数名と上陸。レンタカーのカーナビの指示通り、山間の宿へ向かおうとするものの……。
文字で読ませる怖さは小説家ならではながら、意外?と申し上げては失礼か、恐怖の起承転結を踏まえた鈴木さんの語りの巧みさに、またもやスタッフ一同が引き込まれるまま撮影は終了となりました。

本も怖い、動画も怖い!
怪談界の巨匠二人が語る怪異譚、お聴き逃しのないように!

貞子よりも恐ろしい……海をめぐる稲川淳二さんも絶賛の18話
貞子よりも恐ろしい……海をめぐる稲川淳二さんも絶賛の18話

鈴木光司さん × 稲川淳二さん 『海の怪』刊行記念 スペシャル対談 動画はこちら!

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

稲川淳二

いながわ・じゅんじ●1947年東京渋谷区生まれ。桑沢デザイン研究所専門学校卒業。テレビ番組のリポーターやリアクション芸人として活躍。さらに、怪談家として他の追随を許さない人気を誇り、怪談イベントは常に大盛況。

稲川淳二公式サイトhttps://j-inagawa.com/
稲川淳二の怪談ナイト公式サイトhttp://www.inagawa-kaidan.com/

2020.08.01稲川淳二、YouTube始めました。
YouTubeチャンネル『稲川淳二メモリアル【遺言】』
https://www.youtube.com/channel/UCwBwI0hGtHAp-ZPT_dR1_DA/videos

鈴木光司

すずき・こうじ●1957年静岡県浜松市生まれ。作家、エッセイスト。90年『楽園』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。91年の『リング』が大きな話題を呼び、その続編である95年の『らせん』では吉川英治文学新人賞を受賞。『リング』は日本で映像化された後、ハリウッドでもリメイクされ世界的な支持を集める。2013年『エッジ』でアメリカの文学賞であるシャーリイ・ジャクスン賞(2012年度長編小説部門)を受賞。リングシリーズの『ループ』『エッジ』のほか、『仄暗い水の底から』『鋼鉄の叫び』『樹海』『ブルーアウト』など著書多数。

週間ランキング 今読まれているホットな記事