よみタイ

不倫どころか二股三股も当たり前!? 中世の恋は大胆でおおらかでした〜額田王vs.和泉式部

本郷教授の判定は…和泉式部の勝ち!

【和泉式部】
優:日本文学史上屈指の才能で、娘も才能豊かな歌人。恋愛上手の恋多き女性だった。
劣:恋が多すぎて、あのパリピぞろいのユルユル貴族社会でさえも浮かれ女扱いされてしまった。

【額田王】
優:天智&天武、超大物ブラザーズに愛された。彼女の恋は伝説の王朝ロマンスに。
劣:実はどんな人だったかよくわからない。本当に天武天皇はずっと彼女を想ってた?

二人とも恋に生きた情熱家、そしてとても才能豊かな芸術家ですけど、額田王はあまりにも実体がなくて霧の中にいる人みたいだから、ここは和泉式部の勝ちにしておきたいですね。

名歌を残していなければただのビッチ!? ©まんきつ/集英社
名歌を残していなければただのビッチ!? ©まんきつ/集英社

* * *
以上、額田王vs.和泉式部、二股歌人対決でした! いかがでしたか?

1000年以上に渡って読み継がれる名歌の裏にあった、多情多感な女流歌人のあんな恋やこんな恋……。
父親に勘当され、「浮かれ女」と呼ばれていた和泉式部の恋愛奔放ぶりは、さすがに当時でも度を越していたようですが、それでもいにしえの我が国は男女の色恋に寛容なお国柄だったことがわかります。

書籍『東大教授も惚れる! 日本史 アッパレな女たち』では、このほかにも「ニッポンの女帝の中の女帝といえば持統天皇と春日局のどちら?」「絶世の美女の軍配があがるのはお市と陸奥亮子のどちら?」「女子教育に大きく貢献した才女といえば新島八重と津田梅子のどちら?」など、歴史を彩る42人の美女・才女・毒女たちの華麗なるバトルを収録。
歴史を動かしてきた女性たちの人生や意外な素顔を、本郷教授が“対決形式”で楽しく解説、ズバッと判定します!

ベストセラー『やばい日本史』でおなじみ、東大・史料編纂所の本郷教授が初めて語る女性が主役の日本の歴史。漫画家まんきつさんの毒と笑いにあふれるイラストマンガにも注目です。
詳細はこちらから

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

本郷和人

本郷和人(ほんごう・かずと)
1960年東京都生まれ。東京大学史料編纂所教授。
東京大学・同大学院にて石井進氏、五味文彦氏に師事し、日本中世史を学ぶ。著書に『新・中世王権論』『日本史のツボ』『承久の乱 日本史のターニングポイント』『戦いの日本史』『世渡りの日本史 苛烈なビジネスシーンでこそ役立つ「生き残り」戦略』、監修に『やばい日本史』など多数。
ドラマや漫画、アニメの時代考証にも携わり、識者としてはもちろん、日本史をわかりやすくおもしろく解説してくれる第一人者としても、各方面から引っ張りだこの存在。

まんきつ

1975年埼玉県生まれ。漫画家。
2015年に初の単行本『アル中ワンダーランド』を刊行。以降、『まんしゅう家の憂鬱』『湯遊ワンダーランド』など、独特の視点と描写によるコミックエッセイ、ルポ漫画が評判となる。2019年2月にペンネームを「まんしゅうきつこ」から「まんきつ」に改名。

週間ランキング 今読まれているホットな記事