よみタイ

竹内佐千子と三人の担当編集者――『沼の中で不惑を迎えます。』刊行記念座談会

漫画家・竹内佐千子のこれから

エイチ 『沼』では、竹内さんの頭に詰まっていることを、だいぶ言語化してもらった感じがしています。もともと私が漫画の編集者じゃないので、言葉に比重が置かれた感じで打ち合わせが進んでいって。そこで漫画的なバランスを取ろうとして、結果的に絵柄も、構図もダイナミックになっていったんじゃないかと思いますね。毎回、ネームが来たときには感動しました。漫画にするとこうなるのか!と思って。現在地で洗いざらい描いてもらえたなと思うんですが、竹内さんは次に何を描くんでしょうね。本当に独特の発想をお持ちなので、SFとか、思う存分描いたらいいと思うのですけど。

A達 『ビックコミックオリジナル』でも竹内さん、何回かショートショートを描いてますけど、藤子・F・不二雄先生みたいな、「少し不思議」な話をやろうっていう話は、ずいぶん前からあって。実はもうすぐ連載が始まる予定で、それもSFっぽいお話なんです。
あと、『赤ちゃん本部長』にも通ずると思うんですけど、ちょっとゆるめで普遍的な、長く愛される新聞の4コマみたいな、国民的キャラクターが描けちゃうんじゃないかと思ったり。描きたいものもどんどん変わっているみたいなので、これから何が出てくるのか、楽しみにしているんです。

NHKにてアニメ化もされた『赤ちゃん本部長(1)~(3)』(講談社)。電子書籍にて絶賛発売中です!
NHKにてアニメ化もされた『赤ちゃん本部長(1)~(3)』(講談社)。電子書籍にて絶賛発売中です!

M田 『ほんわら』連載中のエッセイは、今大変なことになっていて。『これからは、イケメンのことだけ考えて生きていく。』というタイトルなのに、全然イケメンに会いに行ってないんですよね(笑)。最近は、竹内さんが興味があると言ったアナルプラグを一緒に買いに行ったりとか、前世を占ってもらったりとか……。

エイチ イケメンに1ミリも関係ないですね(笑)。もはやパン教室とか通ってほしいです。イケメン出てこなくて全然OKです。お二人が延々といろんなことをやっていてほしい。

M田 竹内さんはフィクションの才能もすごくある方だと思っているので、いつかでっかく当たる作品を描いてくれるんじゃないかと思っています。エッセイももちろんドカンと当てたいですけど。実写化とかして。

A達 実写化!? 

エイチ 実写化! このお面よりある意味シュールになりそうです。

A達 『イケメン』はだんだんイケメンから離れていっている最新刊が一番面白いと思ってます。何も構えずに、ただ二人のおしゃべりを聞いていて、本当に何のストレスもなく読める。千代の富士みたいに、「体力の限界」までやってほしい。

M田 最近はいつも、ネタに困って「次どうする……?」って言いながら続けているんですけど、頑張りたい。命が続く限り。

エイチ 命が続く限り!(笑)

月刊誌『本当にあった笑える話』で連載中の『イケメン』シリーズ。既刊4作はぶんか社より絶賛発売中!
月刊誌『本当にあった笑える話』で連載中の『イケメン』シリーズ。既刊4作はぶんか社より絶賛発売中!

いつもそこに竹内佐千子がいた

エイチ これ、一回の記事であるまじき長さになってきているんで、最後に言い残したことを話して、締めくくりましょう!

M田 言い残したこと……本当に竹内さんとのことは全部がとっておきなエピソードで。当たり前ですけど、イケメンとの思い出のほぼ全部に竹内さんがいるんですよね。竹内さんがいなかったら、こんなに楽しい思い出なんてなかったんで……。

A達 推し活の中心には必ず竹内さんがいますよね。私も、この10年で一番楽しい思い出は、やっぱりEXOに一緒にはまってた時だから。

M田 それがなかったらと思うと、恐ろしいことです。生きがいを竹内さんが作ってくれました。

エイチ すごい……この10年の生きがいが竹内さんというのが、本当にすごすぎます。少し心配になってきました(笑)。

A達 竹内さんに出会っていなかったら、今の私はいないと思うんで。だから、これからの人生、もうちょっと長くいられたら、竹内さんと。そう思ってます。

M田 私も同じです。この「M田」っていうキャラクターが確立されたのも、竹内さんのおかげですし、竹内さんには感謝しかないですね。

エイチ これ、本当に『大豆田とわ子』ですね! 彼女が自分を変えたとか、今もずっと一緒に生きてる、とか言うんですよ!(大興奮)

M田 今もずっと一緒に生きてる(笑)。なんだか生前葬みたいになってますが、大丈夫ですかね。でも、本当に暴露するようなことがなくて。暴露を期待して読んでくださった方には申し訳ない。

エイチ これからも、陰になり日向になり、竹内さんによい刺激を与えられるように、それぞれのジャンルで頑張っていきましょう!

竹内佐千子さんの最新コミックエッセイ、大好評発売中!

人気連載『沼の中で不惑を迎えます。輝くな! アラフォーおっかけレズビアン!』が本になりました!

人生の半分以上、沼にはまり続けて20年。
アラフォー、独身、実家暮らしの漫画家・竹内佐千子さんが、輝かない日常を綴るコミックエッセイ。
不惑を迎えるはずの身にふりかかる、推しの結婚、お金や健康問題、親の介護や自身の老後への不安……。
オタクにも非オタにもあまりにも切実すぎる、全アラフォー必読の書です!

書籍の詳細はこちらから!

こちらで試し読み公開中です!

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント
竹内佐千子

たけうち・さちこ●漫画家。おっかけ対象が男子で恋愛対象が女子のレズビアン。
自身の恋愛体験を描いたコミックエッセイをはじめ、おっかけ、腐女子、などをテーマにしたコミックエッセイを描き続け、最近はストーリー漫画も描いている。
赤ちゃん本部長』(講談社)、『これからは、イケメンのことだけ考えて生きていく。』(ぶんか社)など。
ホームページhttp://takeuchisachiko.jp/
Twitter @takeuchisachiko

週間ランキング 今読まれているホットな記事