よみタイ

注目対談! 『全裸監督』本橋信宏×『限界風俗嬢』小野一光「 ノンフィクションライターの歩き方」

8月5日に、7人の風俗嬢へのインタビューをまとめたノンフィクション『限界風俗嬢』を刊行された小野一光さん。刊行を記念して、Netflixでドラマ化され大ヒット中の『全裸監督 村西とおる伝』の著者・本橋信宏さんをお迎えした豪華対談が実現!
対談前編では、同じ時代にノンフィクションライターとして身を立て、活躍してきたなかでの共通の思い出や同士たちにまつわるエピソードを語っていただきました。

(構成/よみタイ編集部、撮影/齋藤晴香)

20年以上にわたる風俗取材から生まれた『限界風俗嬢』が発売中の小野一光さん(左)。『全裸監督』シリーズの原作ほか、さまざまなアウトローたちの人生に迫った著書を持つ本橋信宏さん(右)。
20年以上にわたる風俗取材から生まれた『限界風俗嬢』が発売中の小野一光さん(左)。『全裸監督』シリーズの原作ほか、さまざまなアウトローたちの人生に迫った著書を持つ本橋信宏さん(右)。

30年以上前から「ニアミス」の二人

小野 僕は33~34年前に白夜書房にいたんです。当時はまだ少年出版社という社名があった頃で、本橋さんが『ビデオ・ザ・ワールド』(編集部注:白夜書房からコアマガジンに移って刊行していたAV情報誌。2013年に休刊)にAV女優インタビューを書いてらした時代ですよね。

本橋 どこの編集部にいたんですか? 『ビデオメイト』?

小野 『ビデオメイトDX』の前ですね。『クラスメイトDX』っていうのをやってました。そのちょっと前からバイトで白夜にいて、創刊時に移動したんです。

本橋 コアマガジンですれ違ったりしました?

小野 お見かけはしてました。中沢さん(編集部注:中沢慎一氏。現・コアマガジン代表取締役社長)からよく、本橋さんのお話を聞いてました。

本橋 なんて聞いてました?

小野 いや、もう、本橋に聞けばこの業界のことは大体わかるんだよっていう話をされてたから。

本橋 中沢さんは大恩人なんですよ。あとは、末井さん。(編集部注:末井昭氏。作家、フリー編集者。元・白夜書房取締役編集局長)

小野 そうですね。末井昭さんと。

本橋 末井さん、中沢さん、森下さん(編集部注:森下信太郎氏。現・白夜書房代表取締役社長)で今の白夜書房グループを立ち上げて。一緒にやってた山崎紀雄さんが独立して、英知出版のオーナーになって。

小野 AVメーカーの宇宙企画も立ち上げたんですよね。

本橋 すごい面子が集まってた。エロ本界のビル・ゲイツとスティーブ・ジョブズが一緒にいたようなもんですよ。

小野 本当に僕も、あの時代にその場所に居られて良かったです。まだ出版業界も余裕があって、取材、いろいろ行かせてもらえたじゃないですか。「エロ」に元気があった時代でした。

役者志望で上京した小野青年

本橋 小野さんは、九州から役者志望で上京したんですよね?

小野 もともとはですね。だけど、それはもう21でやめてますから。そこからはずっと出版業界ですね。

本橋 66年生まれだっけ?

小野 66年です。だから、87年からは出版の世界に飛び込んで。

本橋 役者の夢破れたのがその頃なんだ。でも、『ハチ公物語』(神山征二郎監督作品)に出てたじゃない。

小野 『ハチ公物語』が87年公開ですけど、もうその数年前から、食えないからなあって思ってました。

本橋 『ハチ公物語』で一緒だったんですよね、田中角栄の義理の甥っ子の山科薫と。

小野 そこもまたつながりがありますよね。山科さんはもともと、ポルノ俳優とか官能小説書いたりとかされてて。

本橋 小野さんは何役だったの?

小野 僕は、渋谷駅の駅員です。それで山科さんは渋谷駅の駅前の警察官。

本橋 すごい駅員と警察官だな(笑)。

小野 その頃、役者じゃあまりにも食えないんで、白夜書房だったら何とか面倒見てくれるんじゃないかと。当時、『写真時代』とかもまだありましたんで。それで、電話をかけたんですよ。

本橋 飛び込みで?

小野 飛び込みです。そしたら、電話に出た白夜書房の総務の女性が、「新聞見たんですか」って言って。ちょうど、新聞にアルバイトの募集を出してたらしいんです。それで末井さんの面接を受けて、二人採用されたうちの一人に入れて。
白夜書房って、当時はアルバイトにも社員の編集者と同じ仕事をさせてくれて、それをやってるうちに出版が面白くなったっていう。

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

本橋信宏

もとはし・のぶひろ
1956年埼玉県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。ノンフィクション・小説・エッセイ・評論と幅広い活動を行う。2019年、『全裸監督 村西とおる伝』がNetflixでドラマ化、世界190ヵ国に配信され大ヒットを記録する。『ベストセラー伝説』『東京裏23区』『高田馬場アンダーグラウンド』『新・AV時代 全裸監督後の世界』など著書多数。最新刊は『出禁の男 テリー伊藤伝』。

小野一光

おの・いっこう
1966年、福岡県北九州市生まれ。雑誌編集者、雑誌記者を経てフリーに。「戦場から風俗まで」をテーマに、国際紛争、殺人事件、風俗嬢インタビューなどを中心とした取材を行う。
著書に『灼熱のイラク戦場日記』『風俗ライター、戦場へ行く』『新版 家族喰い——尼崎連続変死事件の真相』『震災風俗嬢』『全告白 後妻業の女』『人殺しの論理』『連続殺人犯』などがある。

週間ランキング 今読まれているホットな記事