よみタイ

元めちゃモテ女〜ぷっくり唇がここに来て大火傷を負ってる話

元めちゃモテ女〜ぷっくり唇がここに来て大火傷を負ってる話

 彼女はおそらく、私の周りにいる独身ミドルサーティーズの中でも最も30代に絶望しているうちの一人だ。というか「どうせ若い子がいいんでしょ」という意味で男に絶望しつつ、30代の自分をどう扱っていいのかよくわからずに憂鬱に過ごしている。

「結局、うちらの同年代でまだ遊んでる男って、若い時に遊び足りなかった男だからまだ落ち着きたくなくて結婚とかしないですみそうなまだまだ若い子と遊びたがるし、若い時に若い女の子にモテなかったから今は若い女の子相手にしたいんだよね」とは彼女の弁で、私も男は基本的には自分をバカにしたり冷笑したりしない若くてそこそこ無知で可愛くて素直な女の子が好きだと思っているので、ですよねぇと同意したのだけど、20代の時から大黒摩季に共感していた露骨にスレているタイプの元AV女優の感じるそれと、元CanCam女子大生の彼女が感じるそれは微妙にズレている。

 私は20代30代通してセックスのお誘いや不倫のお誘いこそあれお嫁さんになってください的なお誘いとは極めて縁遠い人生を送ってきて、もはや最近スカートの下の劇場は閉鎖、気分はすでにお一人様の老後って感じだが、彼女の場合、20代と30代の落差がハンパじゃない。

 簡単に言うと20代はめちゃモテ、30代はノーモテ。

 なぜって答えは簡単で、彼女のようないかにもモテそうで柔らかそうな女を好きな男は、若くて可愛くて柔らかそうな女を好きだからだ。

 無害で優しくて男のプライドを傷つけなそうで軽やかで重くなくて威張ってなくて、みなさんにぜぇーったい危害は加えません、うふ――それはまさにある種の男の理想の典型例で、そんな典型的な多数派男子がかつて彼女をちやほやしていたのだけど、現在仕事で係長クラスになっていて結婚式の友人スピーチはすでに6件もこなし、年とともに経験値も知識も増えてしまった彼女は、若い時の彼女に比べて男のプライドに対する無害度が下がっている。当然、パステルを着ていなくともかつての彼女のようなメンタリティでうふ、とやれる若き精鋭たちに競り負ける。

 一コ下の元オリーブ少女のモテ度は中の下くらいをずーっと安定飛行しているが、それは彼女の年がエビ子より一つ下だからとかいうわけではない。彼女のようにちょっと普通より文化水準が高くてちょっと個性的で我が道を行ってる風の女が好きな男というのは、ちょっと普通じゃない感覚が面白い子、を好きな自分に酔ってるこちらもまたある種の典型的な男子なのだが、そちらの要件では無害であることより面白味があることがクローズアップされがちなので、特に若い子である必要がない。だから似たような男が寄ってくることに嫌気がさしている可能性はあるけど、おそらくエビ子よりは男にも30代の自分にもそこまで絶望はしていない。エビ子は無害で優しくて敵を作らないが、めちゃモテとしてのプライドがあるので自分から男をハントする概念は持たない。自分がわりとモテる女の子であるという意識はそう簡単に消えてくれないので捨て身でマッチングアプリに登録する勇気もない。

 彼女が悪いわけではない。無知で無害な女子としか対峙できない男が情けないに決まってる。ただ、如何せんモテの世界では正論など無力なので、そんなこと言ったってしょうがない。CanCamとともに沈んだモテを受け入れ、何か別の活路を見出すまで彼女は、「かつての合コン勝者の私が婚活に焦ってるなんてあり得ない」という強気と、「私、ここ2年付き合って欲しいとか言われていない」という弱気の狭間でスカートをふわふわ揺らすのだろうか。盛者必衰、特に CanCam系。

なんかちょっと違うけどクチビル
なんかちょっと違うけどクチビル

 ちなみにタクシーで帰った一コ上は元レースクイーンで、彼女もまたふんわりスカートとはちょっと違うタイプの華やかな20代モテライフを送った一人である。いつも10ほど歳上の外車に乗っているような男に自慢気に連れ歩かれ、たまに意中の人と付き合えなくても「レベル高すぎて普通の男が寄ってこれないんだよ」と言われていたタイプ。彼女もまたここ数年、違う意味で普通の男が寄ってこないんだよ状態になっている。

 そんな元レースクイーンの最近の口癖は「世間がセクハラとかに厳しすぎて男が女を誘わなくなってる」。

男女30人の生態図鑑、好評発売中!

涼美節が冴え渡る、男と女の最新エンサイクロペディア『非・絶滅男女図鑑 男はホントに話を聞かないし、女も頑固に地図を読まない』。詳細はこちらから。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント
鈴木涼美

すずき・すずみ●1983年東京都生まれ。作家、社会学者。慶應義塾大学環境情報学部を卒業後、東京大学大学院学際情報学府の修士課程修了。大学在学中にキャバクラ嬢として働くなど多彩な経験ののち、卒業後は2009年から日本経済新聞社に勤め、記者となるが、2014年に自主退職。女性、恋愛、世相に関するエッセイやコラムを多数執筆。
近著に『女がそんなことで喜ぶと思うなよ 愚男愚女愛憎世間今昔絵巻』など
公式Twitter @Suzumixxx

週間ランキング 今読まれているホットな記事