よみタイ

「『“100%”治る』『“絶対”改善する』と断言できないのが医療だと知ってほしい」。『漫画家しながらツアーナースしています。』発売記念対談<前編>

本日6月4日、『漫画家しながらツアーナースしています。現役ナース・先生・ママの“推し”セレクション』が発売されました!
現役漫画家にして、修学旅行や林間学校に同伴する看護師、通称「ツアーナース」である著者が描くハートフル・コミックエッセイの第3集です。

この発売を記念して著者のさんと、本書の監修を務めた坂本昌彦医師(佐久総合病院佐久医療センター小児科医長/「佐久医師会 教えて!ドクタープロジェクト」リーダー)の特別リモート対談が実現しました!

今回お届けするのはその前編。
日ごろから医療情報の発信に携わるお二人が、正確な情報を伝えるために努力していることや、正しい情報の見分け方について語ってくださいました。

(構成/「よみタイ」編集部)

病気の予防や公衆衛生の大切さを知ってほしい

明さん(以下、明) 前巻に続き、今回も医療監修をありがとうございました。

坂本先生(以下、坂本) こちらこそありがとうございます。本当に楽しく拝読させていただきました。

現役の漫画家でツアーナースとしても活動している著者の明さん。
現役の漫画家でツアーナースとしても活動している著者の明さん。

 単行本化に際して各章末にご執筆いただいたコラム「ドクター坂本の部屋」も、ありがたかったし面白かったです。ものすごく一生懸命読んでしまいました(笑)。
1章「旅の健康」の章末コラムに書かれていた「『トラベル』は『トラブル』」という言葉がとても印象に残っています。

坂本 「『トラベル』は『トラブル』」は恩師の受け売りなのですが、たくさんの人に知ってほしい言葉なのです。
私は小児科医ですが、7年ほど前から海外に行く方にワクチンを打ったりするトラベルクリニックもやっていて、そこで受診者さんとお話する中で、日本では旅行と健康が結びついていないことを常々痛感しています。
たとえばスイスでは旅行へ出かける前に、渡航先で流行している感染症がないかなど、ホームドクターに相談に行く人が半数近くいるそうです。

 そうなんですね! 日本との大きな違いですね。
ツアーナースをやっていると、旅は楽しいけれど、病気も旅についてくるものだと痛感します。基礎疾患がなくても、はしゃぎすぎた子どもが体調を崩して病気になったりすることもよくありますし。

坂本 古来より、病気は旅人が運んでくるものでした。新型コロナウイルスの流行も人の往来によるものですよね。
ただ、新型コロナの流行によって、病気の予防や予防接種への関心が高まっているのはいいことだなと思っています。

zoomで対談に参加してくださった、坂本昌彦医師。単行本ではイラストで登場。
zoomで対談に参加してくださった、坂本昌彦医師。単行本ではイラストで登場。

 病気の予防への意識や考え方には、医療者と医療者じゃない人のギャップも大きいのかな、と。
私も看護師になる前は、病気になったら治療をするのが当然だと思っていました。でも、病棟で働くようになって様々な患者さんと関わるようになって気づいたのが、治療以上に、病気にならない・悪化させないことの大切さ。治療や手術というのはごく一時の対処にすぎなくて、日々の過ごし方こそが健康に影響するのだと意識が変わりました。
ツアーナースとして子どもたちと接していても、私たちの日常に病気はついてまわるものだということを感じます。

坂本 医者も駆け出しの頃は治療がメインで予防するということにあまり意識が向かないものです。私もそうでした。
医者になって17年ほど経ちますが、医療に関われば関わるほど予防の部分に関心が高まっていて、今年の4月から大学院に入って公衆衛生学の勉強をしています。
よく使われるたとえですが、川で溺れている人達を発見し、川下で引き上げて助けるのが治療。なぜこんなに人が流れてくるのか、大型バスが転覆したのか、はたまた人々を川に突き落としているような悪人がいるのか、川上でその原因を究明して問題を解決するのが公衆衛生です。
予防とか公衆衛生って、地味でなかなか意識がいかないと思うのですが、すごく大事なことなんです。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

坂本昌彦

さかもと・まさひこ●佐久総合病院佐久医療センター 小児科医長兼国際保健医療科医員。2004年名古屋大学医学部卒業。2011年東日本大震災に際して、認定NPO法人AMDAの緊急医療援助チームの一員として岩手県大槌町で活動。その後福島に移り、福島県立南会津病院小児科勤務、海外留学などを経て、2014年より現職。保護者の啓発と救急外来負担軽減を目的とした佐久医師会による「教えて!ドクター」プロジェクトの責任者としても活動している。

みん●看護師&漫画家。過去作にGANMA!『LICHT-リヒト-』Ming短編集①~③。また看護師コミュニティサイト「看護roo!」に『ナースの力』掲載。ツイッター @rikukamehameha

週間ランキング 今読まれているホットな記事