よみタイ

「人生はうまくいかないのが標準仕様ーしんどい時代に生きている君たちはむしろラッキーだ」(GO三浦崇宏)

悩みがあるのが〝デフォ″

――コロナ禍といい、異例ずくめの時代の変化もあると思います。そんな今だからこそ、若い世代に伝えたいことはありますか。

みんな不安がっているのはすごく感じます。
確かに今は、コロナで大変で、zoom越しにしか先輩や同期に会ったことがないという新入社員もたくさんいますよね。
僕の古巣の大手広告会社もそうで、業務だけならzoomでも問題ないんだけど、休憩時間に食堂みたいなところでぐちゃぐちゃっと先輩と絡んだりするような機会がなくなっちゃってる。
先輩たちが受けてきたような対面の研修もできなくて、自分たちはきちんと教育を受けられていないんじゃないか、まっとうに世に出られていないんじゃないか、損しているんじゃないかと考え、焦っている、不安に思っている若い人が多いように思います。

でも僕が一番伝えたいのは、コロナ禍になってから世に出る皆さんは決して不幸ではなく、むしろすごくラッキーだということ。
「新しい時代の1期生」である皆さんは、いち早くこの時代の在り方やコミュニケーションに慣れた方がいいし、それができる。
そうすれば、後輩たちはみんなあなたの真似をするようになるし、上の人たちもあなたに教えを乞うようになりますから。

「何をしていいかわからない、でも、何かしたければなんでもできる時代に生きている」(あとがきより)
「何をしていいかわからない、でも、何かしたければなんでもできる時代に生きている」(あとがきより)

いつも思っているんですが、「ゆとり世代」「さとり世代」っていうくくりって、マーケティングする側としては楽だけど、ある種の呪いですよね。

「私、ゆとり世代なんで、真面目に努力できないんです」とか「僕、さとり世代なんで、頑張っても意味がないって思っちゃうんです」とか、勝手に名付けられたのに、自分たちでもそう思ってしまって、どんどんその呪縛にとらわれてしまう。

きっと今の大学生とか新社会人も、後から「zoom世代」とか「リモート世代」とか言われるようになりますよ。
それで「zoom世代だから人の表情見ないよね」とか「リモート世代だから場の空気読めないよね」とか言われるかもしれない。

でも、傾向を把握するのはいいけど、結局、自分は自分だから。
周りの大人たちが物事をわかりやすくするためにかけた「呪い」に惑わされないで、自分なりの悩みを持って自分なりに生きていってほしいと思いますね。

この本には僕を入れて10人が登場するけど、10人全員、何かしら悩んでいます。二十歳のインフルエンサーから70代の有名コピーライターまで、みんな悩んでる。

悩んでいて他人に言えないことがあるのはみんな同じなんです。すべての悩みや本音を周りに打ち明けられないのも同じ。ただ、その状況とか事情には個別のものがある。
だから、悩んでいることがあるとか、なんかモヤモヤするものがあることに対して、そんなに悲観的にならないでほしいし、「それ〝デフォ″ですよ」って言いたい。
「この自転車、ブレーキかける時にキーキー鳴る。なんか俺の自転車だけうまくいっていない」「いやいや、自転車ってたいていそういうもんだから!」って。

人生はうまくいかないのが、標準仕様です。

――それでもやはり今抱えている悩みを解決したという人にアドバイスするとしたら?

それはすごくシンプル。
悩んだり困ったりしているのって、全部がうまくいくと思っているからなんですよ。
カレー、チャーハン、ハンバーグがあって、これ全部を、お金も払わず食べられて太らない、みたいな状況にできると思っているから、どうしたらいいかわからなくて悩んでしまう。
それらが全部叶えばいいけど、そんなことはできないですよね。

だから、まずは何を得たいのかを明確にすること。
そして、何かを得たら、得られなくなるものがあることを理解すること。
これでやるべきことは明らかになってきます。
あとは順番をつけてひとつひとつやっていく。

たぶん、これは人生も仕事も恋愛も同じなんだと思います。

(了)

新時代、「何者かになりたい」という悩みを抱えているなら

4月5日発売/1,650円(10%税込)
4月5日発売/1,650円(10%税込)

革命的クリエイターと称賛され、「変化と挑戦」を合言葉に、令和を疾走する三浦崇宏さんの新刊『「何者」かになりたい 自分のストーリーを生きる』は4月5日(月)発売!
三浦さんと、新時代のリーダーともいうべき9人(くつざわ、山内奏人、佐渡島庸平、カツセマサヒコ、正能茉優、郭晃彰、竜崎翔子、ゆうこす、糸井重里〈登場順・敬称略〉)との対話が実現。 「何者」かになる意義、令和を生きるヒントを探った、対談&自己啓発の書。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

三浦崇宏

三浦崇宏(みうら・たかひろ)/1983年東京都生まれ。The Breakthrough Company GO代表、PR・クリエイティブディレクター。博報堂、TBWA\HAKUHODOを経て2017年に独立。社会の変化と挑戦にコミットすることをテーマにThe Breakthrough Company GOを設立。 日本PR大賞、Campaign ASIA Young Achiever of the Year、ADFEST、フジサンケイグループ広告大賞、グッドデザイン賞、カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル、ACC賞クリエイティブイノベーション部門グランプリなど受賞多数。
「表現を作るのではなく、現象を創るのが仕事」が信条。明るく頼もしいキャラクターと個性で、業界内では多くの人々に公私ともに慕われ、パンチラインを連発するツイッターなどのSNS発信は強い拡散力を持ち、たくさんのファンを獲得している。
Twitter●三浦崇宏GO

週間ランキング 今読まれているホットな記事