よみタイ

フィンランド人が作った「餃子」が美しすぎる! 「よみタイ」週間ランキングTOP5【1月29日~2月4日】

2023年1月29日(日)~2月4日(土)の1週間「よみタイ」で配信された「よみもの」「コミック」「特集記事」全ての記事の中から、特に人気を集めた記事TOP5を発表します!
前回は、爪切男さんのエッセイ連載「午前三時の化粧水」が1位に輝きました。
今回のランキングはどのようなラインナップとなるでしょうか。
各連載のあらすじや、読みどころもあわせてご紹介します!
(構成・文/よみタイ編集部)

【5位】早稲田卒の教師が卒業式の日に語った自分自身の「あまりに惨めな人生の話」とは?【麻布競馬場 新刊試し読み】(特集記事)

SNSを中心に注目を集める覆面小説家・麻布競馬場さん。
麻布競馬場さんは、タワーマンションなどを舞台に、都会の格差や嫉妬心を描いた短編小説をTwitterに投稿して大きな話題を呼び、「タワマン文学」の火付け役とも呼ばれています。
Twitterなどに投稿した作品の中から、傑作を集めたショートストーリー集『この部屋から東京タワーは永遠に見えない』は、5刷突破の大ヒット。
峯岸みなみさんや、橘玲さん、堀江貴文さんなど著名人からも絶賛の声が相次いでいます。

「早稲田卒の教師が卒業式の日に語った自分自身の『あまりに惨めな人生の話』とは?【麻布競馬場 新刊試し読み】」では、本書に収録された「3年4組のみんなへ」を一篇丸ごと特別公開。
「3年4組のみんなへ」は、2022年3月にツイッターに投稿後、爆発的に拡散され、ツリー全体で40万以上のいいねを獲得した、伝説のエピソードです。
かねてより麻布競馬場さんのファンだったというテレビ東京のプロデューサー・祖父江里奈さんも、書評の中でこの「3年4組のみんなへ」をイチオシの一篇として紹介しています。

4月5日には、Twitter文学を集めた書籍『本当に欲しかったものは、もう ──Twitter文学アンソロジー』が発売されます。麻布競馬場さんをはじめ、新庄耕さんや窓際三等兵さんなど、気鋭の作家陣によるタワマン文学が1冊に。
「よみタイ」で「シン・ゴールデン街物語」を連載中の山下素童さんも参加されています。

1 2 3 4 5

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Facebookアカウント
  • よみタイX公式アカウント

週間ランキング 今読まれているホットな記事