よみタイ

講談師・神田伯山さん特別コメント 『妻が口をきいてくれません』は「気づきの本」

「よみタイ」連載時に累計3000万PVを超えたコミック『妻が口をきいてくれません』。
すれ違う夫婦の姿をリアルに描き、SNSなどでも賛否両論渦巻く大反響を呼びました。
書き下ろしを加えて11月26日に発売された単行本は、たちまち大幅増刷!

そんな、大注目の夫婦コミックを、気鋭の講談師、6代目神田伯山さんに読んでいただきました。
講談界のみならず各メディアに引っ張りだこで、家庭では夫であり2歳児の父でもある神田伯山さんの感想とは……。

(構成/よみタイ編集部)

夫婦喧嘩中に出会って夢中に

私にとって2020年の2大コミックは『鬼滅の刃』と、この『妻が口をきいてくれません』でした。
そう断言できるほど、夢中になった作品です。「よみタイ」で隔週連載されていたときは、「次の展開はどうなるのだろう」とあれこれ考えながら、2週間後の更新を待ち遠しく思っていました。

作品を知ったのは、ネット検索中の偶然の出会いでした。
実はその時、妻とちょっとしたいざこざがあり、夫婦の間に険悪なムードが流れていたのです。
それで、スマホで「夫婦、関係、悪化」などの言葉を検索していたところ、この『妻が口をきいてくれません』の掲載ページがヒット。そのタイトルに思わず目がとまって、読み始めたというわけです。

「ジャンルを問わず気になった漫画には目を通します」という、講談師の6代目神田伯山氏。
「ジャンルを問わず気になった漫画には目を通します」という、講談師の6代目神田伯山氏。

そうしたら、これが面白くて刺さる、刺さる。
「何度も言ってるでしょ」と怒られたり、絵文字どころか「。」もない敬語のメール文に落ち込んだり、「自分のことか!」と思う場面が多々ありました。
メール文に句点がないと、「俺には『。』をつける価値もないのか」と思ってしまうんですよ……。

序盤の夫視点のパートは、妻が口をきかない理由がわからず夫が戸惑いを深める展開にミステリー要素もあり、どんどん引き込まれました。
そのうちカミさんにも作品を教えて一緒に読むようになったのですが、私がふと「なんでこの妻は口をきかないのだろうね」と言ったら「あなた分からないの? ヒントは書いてあるじゃない」とピシャリ。

そんな私の妻はこの作品を読んで
「妻が夫を無視するところから話は始まっているけれど、その前に妻のしんどさをずっと無視していたのは夫の方。日本の多くの家庭は家族に甘えすぎ」
だと言っていました。

なるほどその通りだと思います。

単行本『妻が口をきいてくれません』より。
単行本『妻が口をきいてくれません』より。

この夫の「保湿剤どこ?」とか「(カレーを食べるときに)スプーンがないよ」とか妻をイラつかせる言動は、一個一個はさりげなく小さなことなんだけれども、相手に甘えて依存していることの現れですよね。

私も2歳の子供がいるのでわかりますが、親になると生活も夫婦関係もガラリと変わります。変わらざるをえない。
でも男の方はなかなかそれに気づかずに、子供が生まれる前と同じような生活や関係性を続けようとしてしまう。
それが妻には負担となっているのですが、夫はそれを理解するどころか共感できていなくて、妻の心はどんどん離れていく……。

それをこの作品ではじわじわと明らかにしていて、見事な構成だと思います。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

神田伯山

かんだはくざん●講談師
1983年、東京都生まれ。2007年11月、講談師・三代目神田松鯉に入門。2012年6月、二ツ目昇進。若くして、寛永宮本武蔵伝、慶安太平記、村井長庵、天保水滸伝、天明白浪伝、畔倉重四郎などの「連続物」や、「端物」と言われる数々の読み物を継承している。2020年2月11日、真打ち昇進と同時に六代目神田伯山を襲名。
公式サイト● https://www.kandahakuzan.jp/
YouTube●神田伯山ティービィー

週間ランキング 今読まれているホットな記事