よみタイ

鈴木涼美「アラサー女がそんなことで喜ぶと思うなよ」
めでたく30歳を過ぎた鈴木涼美がおくる「アラサー女性論」。30代になった女が失うものは? 得るものは? なにかが変わるのか? 時代を鋭く読み取る元セクシー女優にして社会学者の気鋭のコラムがスタート。

第1回 30歳の誕生日~すべて失う5秒前

随分前に私が心変わりしてフって以来、その直後には月に1回ほど、その後も年に1回ほど「戻ろうよー幸せにするから」とか「悪いところ直したいと本気で思ってるし、もう一回やり直そうよ」とかいう連絡をよこしていた男から、「君がいろんな意味でのだらしなさを改善する気があるなら、もう一回俺と付き合ってみる?」と連絡がきて、私はその携帯電話の画面を見つめて数秒固まったあと、女が30歳になるってこういうことだったのかと一人ナットクしてしまった。

いや、正直ナットクとか全然できないんだけど、妙に説得力を持ってやってきた女の加齢に伴う現象の一つにもはや清々しさすら感じて、ああそうかよ、と喧嘩腰にその事実を受け止めた。30歳になって半年が過ぎた頃だった。

30歳を過ぎた女を見下すもの

そういえば、「女が30歳になるとそれまで見下していたものが横に並び、32歳や33歳になると、それらはいつのまにか上から自分を見下しているから気をつけて」なんて言ってきた先輩がいた。ここでいう見下していたもの、とはすなわち男のことである。
 
同世代の男に限っていうと、私たちは生まれてから基本的にずっと彼らを見くびっている。そもそも同い年であれば学校だろうとバイト先だろうと新入社員の研修だろうと女の方が順応性が高く、要領がよく、そつがないし、わざわざ地位も名誉も得る前の貧乏な同い年男の世話にならずとも、ちょっと年上の地位と名誉とお金と甲斐性のある男が面倒を見てくれる。ということで同い年の男に媚びへつらう必要は全くない。
 
年上の男に限っていうと、私たちは生まれてから基本的にずっと彼らを舐め腐っている。だって私たちの方が若くて瑞々しいし、私たちが若くて瑞々しいという、まったくもって私たちの努力や実力なんてなんて全く無関係な理由だけで、彼らは私たちを賞賛し、崇めてくれる。知識も経験もない私たちに酒を注がれるだけで何万円も支払い、大した人間力もない私たちの着用した下着に何万円も支払い、技術もキャリアもない私たちと寝るためにやはり何万円も支払う。なかなか甲斐甲斐しいが、なんともバカバカしい。
 
そういうわけで私たち、禁断の10代・魅惑の20代において、ともに特に男女差別などに興味を持つこともなく、男を見くびって男を舐め腐り、ついでに男が作ったこの世界と男が牛耳るこの社会も舐め腐り、不幸や苦労や報われない努力というものが確かにこの世界にはどうやらあるらしいが、少なくとも自分とは無関係であるという事実を、まるで疑うことなく生きてきた。もちろん、よほど先見の明でもない限り、結婚なんていう自分の広がる幸福の可能性をたった一人の自分より優れていない生物に託すなんていう行為に興味が湧くこともなく。
 
しかし30歳になって一部の女が産休に入ったり結婚を機に別部署に異動したりするタイミングで、それまで持ち前の不器用さと順応性の低さでいまいち成果を上げていなかった男たちがいい加減働くということにも慣れ、メキメキと頭角をあらわし、ついでに地位と名誉とお金もほどよくついて、急に存在感が増してくる。そしてようやく女に相手にされるスペックになった男が向かう先は、それまで自分らを見くびって相手にもせず、年上の男の車に乗って年上の男の支払うレストランで自分らより数倍良い値段の飯を食っていた同い年の女では当然なく、若く瑞々しいかつての私たち、すなわち若い女のところだ。それまで機会があれば一度くらいはお願いしたいと思っていた同い年の女については、あれまだそこにいたの? と横を振り向き一気に抜き去って、抜き去った後はほとんどいないものとしてさらに下にいる若い女の引き立て役程度に視界の端っこに確認する程度。

それでは、30歳を過ぎた女の変わりざまとは?

そうやって私たちが見くびっていた同世代の男たちの手によって、かつての私たち、そしていずれ未来にはいまの私たちになるであろう女たちの舌が肥えて世の中を舐め腐るようになるのを横で微笑ましく見てはいるものの、かつて世の中を舐め腐り、欺瞞と自尊心と楽しさを一気に背負い込んで道を闊歩していた私たちはというと、区役所通りを通るたびに、歌舞伎町のスカウトマンが「銀座のクラブ興味ない? もしくは吉原の高級店は?」と声をかけてくるようになり、親戚の会合でかけられる言葉が「いい人いないの?」から「子供欲しくないの?」に変わり、マルキューの店員に敬語で話しかけられ、飲み会で会費を請求されるようになった。
 
男が年を重ねるごとに何かしらを得ているのだとしたら、女は30歳の誕生日に、持っているものの9割くらいを毟り取られ、その後は年を重ねるたびに残った一割をさらに数パーセントずつ剥ぎ取られているような気分で生きている。全ては日本人の男の処女信仰とロリコン趣味、経験値の少ない素人女じゃないと安心して勃たない情けない下半身のせいなのだけど。

だからと言って私たち自身が、30歳の誕生日を境にそれまで高飛車だった性格が急に謙虚で控えめになり、贅沢だった好みが質素で地味になり、買い手市場から売り手市場になった事実を慎ましく受け止めるようになるかといったら、当然そんなことは微塵もなく、高飛車で贅沢なまま、人を見下し世の中を舐め腐ったまま、なんならそこに知識と経験と財力までついて、恐ろしくピッキーになっているのだから本当に手に負えない。

そんな30代女を前にして、男は確かにその扱いに辟易とするのだろうが、それでも共存しなきゃいけない限り、多少は私たちの話も聞く必要がある。私が何を言おうと、所詮全て失う5秒前の女の戯言と思ってくれていいのだけど、男たちが相手にしたくてたまらない10代や20代の女というのをもっとも間近で経験し、その経験を踏まえて存在するのは私たちだけとも言える。

少なくとも、それまで若く瑞々しいという理由で私たちを蝶よ花よと可愛がっていた年上の男たちが今さら手のひらを返したように「20代の女の子ってそんなに面白くないんだよね、飽きるし。女は30歳過ぎてからの方が実は魅力的だよ?」なんて言ってきても鼻で笑うしかない。

「アラサー女がそんなことで喜ぶと思うなよ」と。

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント
鈴木涼美

すずき・すずみ●1983年東京都生まれ。作家、社会学者。慶應義塾大学環境情報学部を卒業後、東京大学大学院学際情報学府の修士課程修了。大学在学中からキャバクラ嬢として働きだし、20歳でAVデビュー、出演作は80本以上に及ぶ。2009年から日本経済新聞社に勤め、記者となるが、2014年に自主退職。女性、恋愛、セックスに関するエッセイやコラムを多数執筆。
公式Twitter → https://twitter.com/suzumixxx

週間ランキング 今読まれているホットな記事