よみタイ

2020/9/4

海の怪

鈴木光司

判型
四六判ソフトカバー
頁数
216
ISBN
978-4-08-788040-3
価格
本体1,200円+税
発売日
2020年9月4日

<リング>シリーズで、「貞子」(SADAKO)の名とともに、世界中に日本ホラーの底深さを知らしめた鈴木光司氏。
「心地よい恐怖に浸るうちに怪異な闇に呑み込まれてゆく極上のミステリーに酔い痴れました」―稲川淳二氏絶賛の海をめぐる18話。



「貞子」よりも恐ろしい――。25年に及ぶ自身の航海経験を中心に、海の仲間、知人友人から聞いた怖い話、不思議な話の数々は、海の底知れぬ魅力と、海をめぐる無限の恐怖が入り混じる……。

<本書目次>
貞子を海に解き放て

第1話 海に墜ちる
映画の撮影に使用されたのはいわくつきのクルーザーだった。船酔いした俳優がキャビンで横になっていると……。

第2話 繫がってはいけない
防衛大生だった娘婿が研修で硫黄島を訪れた。太平洋戦争の激戦の跡が残る洞窟にうっかり忘れものを……。

第3話 甘い誘惑
明らかに自衛官に向いていない若者が防衛大に入学した。遠泳の訓練でパニックを起こしてから様子が変わり……。

第4話 漂流する足首
遠洋漁業に出たマグロ漁船で、船員同士の喧嘩により死者が出た。船長は、無人島で遺体を火葬することに……。

第5話 海に沈むエレベーター
午前二時半頃にふと目覚めた直後、マンションのドアのチャイムが、二回鳴らされた。こんな時間に一体誰が……。

第6話 黒い石の願い
ハワイのモロカイ島に新婚旅行で訪れたアメリカ人カップル。男が、拾った石を、観光用のボートに置いたあとに……。

第7話 のび太君、船を買う
廃船をまぬがれ修理されたヨットとは知らず、念願のものを破格で手に入れたと、意気揚々と漁港に下ろしたが……。

第8話 言われるがまま
沖縄への航海の途中、和歌山で温泉に行こうと上陸。レンタカーのカーナビの指示通り、宿へ向かおうとするが……。

第9話 三泊四日、監獄クルーズ
家族旅行で参加したエジプト・ナイル川クルーズ。目的地ルクソールに向かうまで、乗客たちが次から次へと姿を消し……。

第10話 誰か、いる
台風のため沖縄へ向かうのを断念したクルーズ。クルーの一人が、吐噶喇列島の「臥蛇島」へ上陸する提案を……。

第11話 海と梅
梅干しの種を海に捨てると海が荒れる―ジンクスを無視して、おにぎりの梅干しの種を海原へ弾き飛ばしたら……。

第12話 いかだに乗って
カリフォルニアからニューヨークへ―大学時代のアメリカ旅行。キーウエストで訪れた無人島を、再訪しようとするが……。

第13話 エイトノットの奇跡
クジラと衝突、船体は激しく損傷、床は水浸し……絶望的な状況下、救命ボートに乗り移る準備に取り掛かるものの……。

第14話 吠える60度線 船の墓場 世界編―ドレーク海峡
大航海時代より多くの帆船を飲み込んだ魔の海峡。海洋冒険家のこの海域での体験は、想像を絶する過酷さで……。

第15話 その流れは速すぎる 船の墓場 日本編―針尾瀬戸
海の難所として名が轟く鳴門、関門より甘く見ていた海峡で、「もはやこれまで」と判断せざるをえない状況に陥り……。

第16話 閉ざされた光
幹線道路がなく海で向かうことが多い、知る人ぞ知る秘境と言われる奥西表。地元で言い伝えられる噂があり……。

第17話 こっちへおいで
シュノーケリング中に行方不明となった男性二人の捜索に向かう潜水士。波が高く、海に出られたのは四日後で……。

第18話 海底に眠る
海底遺跡と噂される与那国島沖合。古代人の手によるものか、自然の浸食によるものか、自身で確かめようと……。

あとがきにかえて なぜ海に出るのか

鈴木光司

すずき・こうじ●1957年静岡県浜松市生まれ。作家、エッセイスト。90年『楽園』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。91年の『リング』が大きな話題を呼び、その続編である95年の『らせん』では吉川英治文学新人賞を受賞。『リング』は日本で映像化された後、ハリウッドでもリメイクされ世界的な支持を集める。2013年『エッジ』でアメリカの文学賞であるシャーリイ・ジャクスン賞(2012年度長編小説部門)を受賞。リングシリーズの『ループ』『エッジ』のほか、『仄暗い水の底から』『鋼鉄の叫び』『樹海』『ブルーアウト』など著書多数。

book-sample

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

週間ランキング 今読まれているホットな記事