よみタイ

【宇推くりあ×佐々木亮 特別対談】 JAXAのSLIMが世界初のピンポイント月面着陸成功! 宇宙はこれからもっと近くなる!? 未来の探査の可能性を語る

佐々木 家畜の糞尿からも作られるっていうあのメタンですね。何が違うんですか? 

宇推 例えばSpaceXが開発した再使用ロケット、ファルコン9はケロシンを燃料に使っているんですけど、灯油系は燃やすと“すす”がでるんですよね。実際、打ち上げ後のファルコン9はすすだらけになってるんですけど、一方でメタンはすすが出ないんです。さらにもう一点、メタン燃料は火星で生産でき、火星探査の際も現地調達の可能性があるから開発を進めていると言われてます。

佐々木 へえ、そうなのか! 面白いな。

宇推 燃料としての扱いやすさや入手のしやすさもありますね。ロケットの推力や燃費としては、他と比べて特段優れているということではないんですが、こういういろんな理由で新しい選択肢としてあがってきてる。二酸化炭素の排出量が少ないので環境面でもアピールしやすくて、時代にあっているのかも。

佐々木 そんな中で、日本のロケット開発の立ち位置ってどうなんでしょうか?

宇推 ロシアは最近打ち上げの回数が減っているから、アメリカ、中国、インド、日本……。という感じかな。EUも、ESA(欧州宇宙機構)とJAXAの共同ミッションがあったりするので注目しておきたいですけど、国単位ではないので別枠と考えると個人的には日本は4番手くらいかな、と思います。 あと韓国も最近頑張って打ち上げようとしている印象ですね。
 
佐々木 開発だけじゃなく月面着陸とロケット打ち上げの実績もロシア、アメリカ、中国、インド、日本の5か国がリードしてますよね。僕が携わってきたX線天文学分野でも同じなので、やはり、という印象です。

宇推 ただ、日本は今回のSLIMのピンポイント着陸もそうですけど、結構ユニークで面白いことに挑戦しているんじゃないかなと思います。着陸方法自体も、これまでは脚を広げて着陸する方法が主に採用されていたけど、SLIMは姿勢制御しつつ斜めにコロン、と倒れながら着陸するという方法でした。安定性があるという点でも独自性を感じますね。

佐々木 着陸時の衝撃を吸収する緩衝材が3Dプリンターで作られた点も面白いな、と。

宇推 SLIMのプロジェクトをまた受け継いで、この先探査機に色々な機能を持たせて月探査をすることも見越されていますし、HAKUTO-Rも頑張ってる! 今回は特に着陸のLIVE配信や、JAXAから着陸に関する細かいデータも提供されていて、情報の配信方法にも素晴らしい取り組みがあったと思います!

佐々木 太陽光発電やエンジンのトラブルがあったものの、SLIMからのデータはJAXAに集まっているみたいなので、今後も色々な情報が出てくるはず。注目したいですね!

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Facebookアカウント
  • よみタイX公式アカウント
佐々木亮

ささき・りょう
理学博士。独立行政法人理化学研究所、NASAの研究員として研究に携わり、その経験と知見を生かし、ポッドキャスト「佐々木亮の宇宙ばなし」を毎日配信している。旬の宇宙トピックスを親しみやすく解説する内容で注目を集め、Apple Podcast日本ランキング3位を達成。第3回Japan Podcast Awardsも受賞する。現在はデータサイエンティスト、中央大学講師として活動している。
Spotify版「宇宙ばなし」
Apple Podcast版「宇宙ばなし」
X @_ryo_astro  

宇推くりあ

うすい・くりあ
ロケットアイドルVTuber、第6回内閣府宇宙開発利用大賞PRキャラクター。ロケット工学の知識をもとに解説する打ち上げ実況中継が話題。JAXA相模原チャンネルともコラボレーションするなど、その専門性の高さと確かな視点に宇宙業界からの信頼も厚い。
X @clearusui
Youtube

週間ランキング 今読まれているホットな記事