よみタイ

不惑レズビアン漫画家の実家暮らし、10年越しに結ばれた恋の行方…11月の人気コミックTOP5

2020年11月1日から30日までの1か月間「よみタイ」でよく読まれた「コミック」作品TOP5を発表します!
前回は、ふるかわしおりさんの「恋と友情のあいだで」がトップに輝きました。

果たして今回のランキングはどのようなラインナップとなるでしょうか!?
各連載のあらすじや読みどころもあわせてご紹介します。

(構成・文/よみタイ編集部)

【5位】母はいつも私のテリトリーへ侵入してきました/「実家が放してくれません」(まきりえこ)

(あらすじ)
家族、親族、家系、そして親。
断ち切りがたいその関係性がもたらすものとは。
「毒親」「家問題」に深く切り込むコミックエッセイ。

体調不良で退職後、なかなか仕事が決まらなかった夫のエイトは、アサの出産を機に就職し、彼なりに奮闘する日々を送るものの転職を繰り返していた。
実家からのサポートもなかなかうまくはいかず、心から頼れる人のいないアサは孤軍奮闘の育児に疲弊する日々を過ごしていて……。

旧友との再会をきっかけに子供時代の記憶の蓋があいてしまったアサ。
旧友との再会をきっかけに子供時代の記憶の蓋があいてしまったアサ。

家族に対する複雑な感情をリアルに描いて話題の「実家が放してくれません」から、11月10日公開の第9話「母はいつも私のテリトリーへ侵入してきました」が5位にランクイン。

この回では、小学校時代の友だちに偶然再会したことをきっかけに、かつての母親の行動と言動を思い出した上に、可愛いはずの息子ハルタへ複雑な感情が芽生えるアサが描かれました。

終盤ではアサの第二子妊娠が発覚。うれしさの反面、不安を覚えているようで……。
毒親からの負の連鎖を食い止め、必死に自分の家庭を築こうとするアサに平穏は訪れるのでしょうか。
今後の展開が気になるところです。

本作の作者、まきりえこさんによる『オトナ女子の謎不調、ホントに更年期?』も好評発売中!

こちらは、まきさんが第二子妊活中に「早発閉経」を告げられてから、原因不明の体調不良に悩まされ続けた10年間を描いたコミックエッセイです。
『オトナ女子の謎不調、ホントに更年期?』のその後を描いた書き下ろし4コマはこちらから

1 2 3 4 5

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

週間ランキング 今読まれているホットな記事