よみタイ

日めくり怪談 8月1日
めくるたび、どんどん怖くなる。
『一行怪談』で知られる吉田悠軌さんの最新書き下ろし怪談集『日めくり怪談』刊行を記念して、本文の中から選りすぐりのお話を一挙掲載。
1日5分の恐怖体験をお楽しみください。

日めくり怪談 8月1日

 チエちゃんは泳ぎの得意な子だった。
 いつも近所の海で遊んでいたので、肌はこんがりと日焼けし、肩幅もがっしりしている。
 私はその逆で、ヒョロヒョロした運動オンチ。「海辺の町に住んでるのにカナヅチは恥ずかしい」と心配した親に、無理やり夏休みの水泳教室に入れられるほどだった。
 だからあの夏の日、プールサイドにチエちゃんの姿を見かけて不思議に思った。
 わざわざ水泳を習いに来る必要なんてないのに。
「家にいるより、学校の子とおしゃべりしたくって」
 そう笑って、チエちゃんはざぶりとプールに飛び込んだ。まるで魚、いや蛇のようにくねくね達者に泳ぐ彼女は、とてもきれいだった。私はプールサイドを小走りに歩きながら、水中をゆく彼女の姿をいとおしんだ。
 チエちゃんは私より先に反対側にたどりついた。
 ざぶり、と水から上がったその背中を見て、あることに気がついた。
 彼女の首の後ろ、うなじの下のところに、ぷっくりれたオデキがある。やけどのように真っ赤で、てっぺんには針で刺したような小さな傷もついている。
「あ、これ、おまじないの跡だよ」
 私の視線に気づいたチエちゃんは、隅っこのフェンスに寄りかかりながら、そう説明した。普段は服で隠れてるけど、水着だと見えちゃうよね、と。
「最近よく家に来る、天狗てんぐみたいな人にやってもらうんだ。丸いガラスみたいなのでここをキューッて吸い込むの。体が丈夫になるんだって」
 天狗みたいな人の、おまじない?
「なんか白い着物を着てて、黒っぽいのを頭に着けて、つえを持ってる、おじさん」
 今になって考えれば、そいつは山伏やまぶしの格好をしていたのだろう。でもバカな私は天狗そのものしか想像できず「顔が赤くて鼻が高いの?」という質問を返してしまった。
「ううん、顔は普通」
 でもちょっと変なのは……チエちゃんは言葉をにごした。
「鼻のかわりに、口がにゅうんって細長くのびるんだよね」
 おまじないの途中、首からガラスを外したところで、そいつは唇を大きく突き出す。すると口全体が「じょうご」のように先細りしながら、ありえない長さまでのびる。
 そして丸く腫れたチエちゃんのオデキから、ちゅうちゅう血を吸ってくる。
 てっぺんについた傷は、その吸い跡なのだという。
 なにそれ、気持ち悪い、やめたほうがいいよーっ。
 私は、冗談めかすように大声で笑った。でも心の中では、強烈な嫌悪感を抱いてしまっていた。

 それからすぐ、チエちゃんの両親が逮捕された。
 子どもだった私たちに、事件の詳細が伝えられることはなかった。チエちゃんはどこか遠くの施設に連れられていき、それから二度と会っていない。
 大人になった現在なら、色々なことを調べられるだろう。
 チエちゃんの親の罪状や、彼女が今どこでどうしているのか。結婚しているのか子どもはいるのか。でもどうしても、それらを詮索せんさくする気になれない。してはいけない、とすら思っている。

 私は一度だけ、町を去る直前の彼女を見かけているからだ。
 浜辺に立つチエちゃんは、あっというまにガリガリにやせていた。広い肩幅など見る影もなく、すっかり頰までこけている。その肌は明らかに日焼けとは違う、黄色のまじったような浅黒さだった。
 私は遠くの物陰から様子をうかがっていた。 
 そこでふと、チエちゃんがこちらの方を振り向いた。
 とっさに隠れた私に、彼女は気づいていないフリをしたのだと思う。でも確かに、私と彼女は目が合ったのだ。
 私は声をかけられなかった。あの時、絶対に彼女は、私を見ていたのに。
 だから今でも、私はチエちゃんに会えないでいる。
 

▲書影をクリックすると本の詳細ページにリンクします
▲書影をクリックすると本の詳細ページにリンクします

●日めくり怪談【8月8日】はこちらから

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

吉田悠軌

よしだ・ゆうき●1980年東京都出身。怪談、オカルト研究家。怪談サークル「とうもろこしの会」会長。オカルトスポット探訪マガジン『怪処』編集長。怪談現場、怪奇スポットへの探訪をライフワークとし、執筆活動やメディア出演を行う。『怪談現場 東京23区』『怪談現場 東海道中』『一行怪談』『一行怪談漢字ドリル 小学1~4年生』『禁足地巡礼』など著書多数。
Twitterアカウント:@yoshidakaityo

週間ランキング 今読まれているホットな記事