よみタイ

川村エミコの15年にわたる奮闘〜「声が出ない!私が舞台に立った日」

川村エミコの15年にわたる奮闘〜「声が出ない!私が舞台に立った日」

 そして、高校が終わり大学生になった時、「好きなことができる最後のチャンスだ!」と誰から聞いた訳でもなく思い、今まで入れなかった演劇部に入ろうと思いました。
 初め早稲田大学のお友達に聞いて、「劇団インベーダーじじい」というところに連絡して、ワークショップに参加しました。
 剣道部でチカラもないのに大将をやって来た私は少しだけ度胸がついていたみたいで楽しいワークショップでした。早稲田大学は高田馬場。私の大学は国分寺。自分の通っている大学の演劇部で良いのでは無いかなぁとも思いました。

 今にも崩れそうな部室のある建物に行き、【演劇研究会】のドアをいざ1.5階に見つけました。
 緊張してすぐにノックは出来ず、崩れそうな3階建ての建物を4周はグルグルグルグルと周りました。春なのに暑い日で汗だくになりながら、次前を通った時ノックするぞ! できるぞ!私。できるはずよ!と唱えながら、ゆうに1時間は経っていて、もうキャンパスにも人が減ってきてしまったと思い、いざ!トントン。手をぐーにして、ギュッとして誰か出るのを待ちました。もう一度、トントン。反応はありません。
 思い切ってドアノブを回しました。
 鍵が掛かっていました。なんだかホッとしたような、ガッカリしたような、サッサとトントンすればよかった。という自分を責める気持ちやらで、ドッと疲れました。

 週明け、すぐにトントンしに昼休みに行きました。
 扉がギギギという嫌な音と共に、私の憧れだった舞台に立つ人への一歩目の扉が幼稚園から15年にしてやっとこさ開きました。
 そこにはOBの人が居座っていたり、初めての舞台がコントだったりと、とても濃厚な演劇部生活が始まります。
 それもまた、別のお話です。

川村エミコさん初のエッセイ集、予約受付中!

単行本では、エッセイの他に、川村さん秘蔵のこけし写真や描きおろしイラスト、幼少期からのアルバムページなども収録。“川村ワールド”をたっぷりとご堪能ください!
書籍『わたしもかわいく生まれたかったな』の詳細は、こちらから

10月11日(日)に刊行記念オンラインイベント開催決定!
●14:00~中目黒蔦屋書店主催 ゲスト:大久保佳代子さん
「わたしたち、これで合ってる? 40代女子の答えあわせ」
イベント視聴申し込みはこちらから。

●19:00~下北沢B&B主催 ゲスト:爪切男さん
「粘土vs虫の裏側 ~死にたいあだ名にかぎって~」
イベント視聴申し込みはこちらから。

1 2 3 4 5 6

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント
川村エミコ

かわむら・えみこ●1979年神奈川県生まれ。お笑いコンビ『たんぽぽ』のボケ担当。主な出演作品に日本テレビ『世界の果てまでイッテQ!』、フジテレビ『めちゃ2イケてるッ!』、東海テレビ『スイッチ!』など。
オフィシャルブログ→https://ameblo.jp/sienne04
Twitter→https://twitter.com/kawamura_emiko
YouTubeおかっぱちゃんねる川村エミコ公式動画館→https://www.youtube.com/channel/UCGkqb7PyCVGojtVkAOL58Bg

撮影:齊藤晴香

週間ランキング 今読まれているホットな記事