よみタイ

川村エミコの、静かで暗い最初の記憶〜「悲しみのマミー券」
お笑いコンビ「たんぽぽ」の川村エミコさんが、ちょっと生きづらく、でもどこかほっこりするような日々を綴るエッセイ「わたしもかわいく生まれたかったな」。
9月9日の配信回をもって惜しまれつつ最終回を迎えたこの人気連載を、1冊にまとめたエッセイ集が、10月5日に発売されます!

これを記念して、書籍の中から川村さん自らが「特に思い入れが深い」と厳選したエピソードを、その理由とともに特別掲載。
毎回1篇ずつ、全3回の特別企画です。
川村さん自筆のイラストにもぜひご注目ください!

川村エミコの、静かで暗い最初の記憶〜「悲しみのマミー券」

〜「悲しみのマミー券」について(川村エミコ)〜
わたしの記憶はココから始まります。
スーパーで「森永マミー」が売られているのを見る度に、この記憶が火を着けた蛇玉がモコモコモコモコと独特な臭いを放ちながら長く伸びだすように地味に、でも確実に蘇ります。
小さい私に「静かだっていいんだよ。」と伝えてあげたいです。

 今から40年前の1979年12月17日。雪がしんしんと降る日の大体おやつの時間、わたしは生まれました。
 それからの記憶を順に少しずつ話せる範囲で辿っていきたいと思います。

 3歳の時、夜二階へ寝に行くのに、3歳の足には高さがある階段をえっちらおっちら上がって行く自分の後ろ姿。なぜか俯瞰での記憶。
 心が、よく自分から離れたり自分の中に入ったりしていました。これが一番古い記憶で、横浜市鶴見区の小さな一軒家に住んでいたのですが、弟が生まれてからお母さんが付きっきりになり、「えみちゃんは一人で出来るでしょ!」「一人で片付けられるでしょ?」と言われていたし、「何でも一人で出来なきゃいけない!」そう思うようになりました。

 父からよく言われたのは、「保証人だけにはなるな! 誰も助けてはくれないんだからな!」です。30歳まで言われ続けました。あと、酔っぱらって、よく「東大さーん!」と言っていました。のちに聞いたら、東大に行って欲しかったらしいです。

 気付いた時から暗かったので、なんで暗くなったのか、きっかけなどは分からないのですが、これは小さな小さなキッカケの一つなのかなぁと思う事があります。

 幼稚園の休み時間。コの字型の校舎の内側にある小さなグランドを駆け回る園児達。
 特に中に入ることなく、私は表廊下からハシャイデいるみんなを観ていました。
「あー鬼ごっこかぁ〜。ひたすらタッチしては逃げる遊びかぁ〜。あの子、ずーっとぐるぐる回っているな〜。」とかぼんやり思いながら、休み時間が過ぎるのを待っていました。「辛い」という感情はなく、その時幸せとか不幸せとかも無くただただ時間が過ぎて行くなぁというだけでした。

 私がぼんやりと園庭を体育座りして見ていると、担任の先生がわたしの斜め後ろで話している声が聞こえました。

「あの子、静かで嫌だわぁ。」
 そしたら、隣のクラスの先生が言いました。
「楽でいいじゃない。」

 私にはそれが自分のことを指して言われた言葉だとすぐわかりました。
 その日の夜から毎晩大きい家具に追いかけられる夢を見ました。
 
 わたし、傷付いたらしいです。それまで、担任の先生に対して何とも思っていなかったのですが、目の前が暗くなり、園庭で騒いでいた園児たちの声が聞こえなくなり、初めて一人でいることは良くない事で、恥ずかしい事なんだと思い、悲しい気持ちになったのを覚えています。

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

川村エミコ

かわむら・えみこ●1979年神奈川県生まれ。お笑いコンビ『たんぽぽ』のボケ担当。主な出演作品に日本テレビ『世界の果てまでイッテQ!』、フジテレビ『めちゃ2イケてるッ!』、東海テレビ『スイッチ!』など。
オフィシャルブログ→https://ameblo.jp/sienne04
Twitter→https://twitter.com/kawamura_emiko
YouTubeおかっぱちゃんねる川村エミコ公式動画館→https://www.youtube.com/channel/UCGkqb7PyCVGojtVkAOL58Bg

撮影:齊藤晴香

週間ランキング 今読まれているホットな記事