よみタイ

野原広子さん待望の新連載『さいごの恋』スタート。著者コメントも! 

『妻が口をきいてくれません』で手塚治虫文化賞・短編賞を受賞し、『今朝もあの子の夢を見た』では離婚後の家族を描き大反響を呼んだ野原広子さん。
待望の新連載『さいごの恋』が5月21日よりスタートします!

今作の主人公は、西村清美46歳、教師、結婚歴なしの独身。
これまで、夫婦関係やママ友など、女性の心理を隅々まで描いてきた著者が、独身中年女性の実像に迫る意欲作です。

連載開始を目前に控え、野原さんからコメントが届きましたので、ご紹介します!

野原広子さんからメッセージ

いつかは自分だって中年になるとはわかっていたけれど…。
いつまでも若い女でなんているわけがないと知っていたけれど…。
「おひとりさま」として暮らしてきた中年独身女性・清美に
これから待ち受けるものは…お楽しみに。

大注目の新連載「さいごの恋」スタート!

西村清美46歳、教師、結婚歴なしの独身。
忙しく仕事をするうち、いつの間にかひとり暮らし歴を重ね、嫁がず産まずこの年に。
これから病気になったらどうなる? 死ぬときは誰にも看取られないのか。
そして、誰かを好きになったり、好きになられたりすることも、この先一切ないまま一生を終えるのだろうか。
恋も結婚も考えていなかったけれど、ふとしたことから清美の日常に変化が訪れる…。
女性の心理を隅々まで描く第一人者が、独身中年女性の実像に迫る意欲作。
ロングセラー『妻が口をきいてくれません』『今朝もあの子の夢を見た』に続く待望の新連載スタート!

第1話は、5月21日(日)9:00、Webサイト「よみタイ」にて配信されます。
ご期待ください!

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Facebookアカウント
  • よみタイX公式アカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

野原広子

のはら・ひろこ●イラストレーター。作品に『離婚してもいいですか?』『離婚してもいいですか? 翔子の場合』『ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望』『娘が学校に行きません 親子で迷った198日間』『ママ、今日からパートに出ます! 15年ぶりの再就職コミックエッセイ』『消えたママ友』『赤い隣人』(以上すべてKADOKAWA)『お仕事はじめました!』(主婦と生活社)『人生最大の失敗』(オーバーラップ)『今朝もあの子の夢を見た』などがある。
2021年『妻が口をきいてくれません』『消えたママ友』2作により、第25回手塚治虫文化賞「短編賞」受賞。

週間ランキング 今読まれているホットな記事