よみタイ

漫画家・江口寿史さんの推薦コメント全文公開! 『妻が口をきいてくれません』は「傷つき合いのお話」

累計3000万PV突破! 11月に発売された単行本は、テレビ「世界一受けたい授業」でも取り上げられるなど、各メディアで話題に。
そんな注目のコミック『妻が口をきいてくれません』について、漫画家でイラストレーターの江口寿史さんから推薦コメントが届きました。
「よみタイ」で特別に公開します!

(構成・文/よみタイ編集部)

「妻口」作者の野原広子さんも大の江口作品ファン

「よみタイ」連載時に累計3000万PVを超えたコミック『妻が口をきいてくれません』。
すれ違う夫婦の姿をリアルに描き、SNSなどでも賛否両論渦巻く大反響を呼びました。
書き下ろしを加えて11月26日に発売された単行本は、たちまち大幅増刷!
人気バラエティ番組「世界一受けたい授業」(1月30日放送回、日本テレビ)でも紹介されるなど、ますます注目度高まる話題作となっています。

本作について、漫画家でイラストレーターの江口寿史さんが、素敵なコメントを寄せてくださいました。
江口さんといえば、TVアニメにもなった『ストップ!!ひばりくん!』や『すすめ!!パイレーツ』、『ひのまる劇場』など、ポップな画風で数々の名作を生み出し、80年代のカルチャーに大きな影響を与えたクリエイターの一人。
実は、『妻が口をきいてくれません』の作者である野原広子さんも江口さんの大ファンで、野原さんの過去作『娘が学校に行きません:親子で迷った198日間』に登場する「娘」の髪型は、『ストップ!!ひばりくん!』のひばりくんをモデルに描いたのだとか。

そんな、漫画界にも強い影響力を持ち、カリスマ的人気を誇る江口さんから届いたコメントを、ここで特別に全文ご紹介します!

江口寿史『ストップ!! ひばりくん! コンプリート・エディション 1』(2009年、小学館クリエイティブ)、野原広子『娘が学校に行きません : 親子で迷った198日間』(2014年、KADOKAWA)
江口寿史『ストップ!! ひばりくん! コンプリート・エディション 1』(2009年、小学館クリエイティブ)、野原広子『娘が学校に行きません : 親子で迷った198日間』(2014年、KADOKAWA)

江口寿史さんコメント

これはキツイお話。しかし子育て中の夫婦にはどこにでも起こりうる話。
「傷つけ合い」ではなく「傷つき合い」のお話。
結婚した男女から「恋」が消えて「夫婦」というものになるまでのお話。
たくさんのご夫婦が一緒に読んで話しあったらいいと思います。
江口寿史(漫画家・イラストレーター)

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

週間ランキング 今読まれているホットな記事