よみタイ

2020/4/3

鎌倉だから、おいしい。

甘糟りり子

判型
四六判ソフトカバー
頁数
192ページ
ISBN
978-4-08-788037-3
価格
1,500円+税
発売日
2020年4月3日

とびきりのご馳走から日々の味まで―
鎌倉育ちの美味案内

幼少期から鎌倉で育ち、今なお住み続ける作家・甘糟りり子氏が、愛し、慈しみ、ともに過ごしてきたともいえる、鎌倉の美味あれこれを語るエッセイ集。

お屋敷街に佇む未来の老舗(イチリンハナレ/中華)、
鎌倉で味わう京都(かまくら 一平/日本料理)、
今はなき丸山亭の流れをくむ一軒(ブラッスリー・シェ・アキ/フランス料理)、
鎌倉の夜の歴史が染み込んでいるバー(THE BANK)など、
ガイドブックやグルメサイトでは伝わりきらない、
鎌倉育ちだから知っているおいしさと魅力に出会える1冊。

素材が贅沢ならいいというものでもない、店の内装も味わいの一端を担うもの、いいバーとバーテンダーに出会う喜び……、
自身の思い出や実体験とともに語られる鎌倉の美味を通して伝わるのは、「いい店」ってこういうことかも、という答えのひとつ。
版画のように精緻に描かれた阿部伸二氏のイラストも美しく、
まさに読んでおいしい、大人のための鎌倉グルメエッセイ。

この本を手にとってくださって、ありがとう。
でも、もし、あなたが鎌倉の飲食店のガイドブックを探しているのなら、ごめんなさい。これは、そういう本ではありません。(著者まえがきより抜粋)



甘糟りり子

あまかす・りりこ●作家。1964年横浜生まれ。3歳から鎌倉在住。都市に生きる男女と彼らを取り巻く文化をリアルに写した小説やコラムに定評がある。近著の『産む、産まない、産めない』(講談社)は5刷に。そのほか『産まなくても、産めなくても』(講談社)など現代の女性が直面する岐路についての本や、鎌倉暮らしや家族のことを綴ったエッセイ『鎌倉の家』(河出書房新社)など好評発売中。

book-sample

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

週間ランキング 今読まれているホットな記事