よみタイ

2020/4/24

独裁者ヒトラーの時代を生きる 演説に魅入られた人びとと「つまずき石」

大島隆之

判型
四六判ソフトカバー
頁数
288
ISBN
978-4-08-788035-9
価格
本体1,800円+税
発売日
2020年4月24日

NHK BS1スペシャルで話題を呼んだ番組『独裁者ヒトラー 演説の魔力』をベースとした待望の書籍化

この世に強権的な指導者が現れるたび、常に引き合いに出される「稀代の独裁者・ヒトラー」。
大衆を熱狂させたのは、その類まれな「演説力」。飛行機でドイツ全土を飛び回り、ラジオ放送を牛耳って全国の家庭を演説会場に変え、国民の心を摑み、破滅的な戦争へと突き進んでいった。
そんなヒトラーの時代を体験した人びとの多くが鬼籍に入り、生の証言を聴ける機会も残り少ない。ヒトラーの演説を聞き熱烈に支持した人、ナチスに肉親を奪われた人、反発を覚えながらも抗えなかった人……。
本書では、当時、様々な立ち位置にいた人びとをドイツ各地に訪ねて得た貴重な証言に加え、街々の路面に埋められた金色のブロック、ヒトラーにより命を落としたユダヤ人の名前が刻まれた「つまずき石」に注目。
75年の時を超え、ヒトラーの時代を「追体験」していく。

<本書目次>
第1章 言葉の魔力
 ヒトラーを一目見てみたい
 ミュンヘン一揆
 なぜ私はナチスになったのか
 単に一五人目の首相

第2章 無謬の指導者
 「つまずき石」のない街
 ドイツ中の家庭を演説会場に
 ヒトラーに心酔する人びと
 ヒトラー・ユーゲントとドイツ女子同盟
 ナチズムが生んだ“エリート”たち

第3章 「平和」の名のもとに
 だって彼はユダヤ人だから
 それぞれの「水晶の夜」
 パパが連行されなければいいけど
 「大ドイツ」の一部になる
 我らが総統ならやってくれる
《特別コラム》誘導する言葉を聞き分けよ

第4章 言葉の呪縛
 ドイツ人は支配民族である
 口を手で隠して生きる
 総力戦演説
 「おのれの責任を自覚せよ」白バラ抵抗運動
 総統が命じ、我々は従う
 私は生きている。ただ、私は生きている

最終章 呪縛、それから
 「良いナチス」と「悪いナチス」
 ヒトラーからの「解放」
 「負の歴史」とともに生きる

大島隆之

1979年東京都生まれ。東京生まれ。東京大学文学部歴史文化学科卒業。2002年よりNHKエンタプライズ・ディレクター。戦争や災害をテーマとしたドキュメンタリーを多く制作。
著書に『巨大津波 その時ひとはどう動いたか』、『特攻の真実 なぜ、誰も止められなかったのか』などがある。

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

週間ランキング 今読まれているホットな記事