よみタイ

2019/6/5

死とエロスの旅

壇蜜

判型
四六判ソフトカバー
頁数
246ページ オールカラー
ISBN
978-4-08-788014-4
価格
1,800円+税
発売日
2019年6月5日

ネパール、メキシコ、タイ。
各国の死生観をめぐり見えたものとは。

特異な存在感で、タレントに留まらない異彩を放つ壇蜜氏。本書、足かけ6年をかけて、ネパール、メキシコ、タイを訪れ、ヒンドゥー教、キリスト教、仏教と宗教的背景の異なる各地の死生観をめぐった記録です。エンバーマー(遺体衛生保全士)の資格を持つ壇蜜氏が、生と死のはざまに思いを馳せながら、多数の写真、旅の途上で綴る直筆の文章やイラストなどで構成され、表裏一体の「死とエロス」を掘り下げていきます。
NHK BSプレミアムで放送された番組の書籍化。壇蜜氏の直筆イラスト、あとがき収録。

第1章 ネパール
1 ヒンドゥーの神々 ~生活とともにある信仰~
2 歓喜仏・ヤブユム ~性愛を超えた悟り~
3 運命とともに生きる ~クマリ チノ~
4 終わりの風景 ~死者を送る~
5 死までの時間 ~最期の時を過ごす~

第2章 メキシコ
1 肯定される死 ~日常の中にある死と呪術~
2 聖なる死 ~生け贄と骸骨・アステカの太陽信仰~
3 ムシェ ~第三の性として生きる~
4 ジャングルの中の神々 ~マヤ文明と万物に宿る神々~
5 祈りと信仰 ~困難を受け入れ、死を敬いながら生きる~

第3章  タイ
1 死後に広がる世界 ~過去世・現世・来世~
2 隣り合わせの生と死 ~死の現場を見届ける~
3 ありのままに生きる ~暮らしに溶け込む性的マイノリティの人々~
4 生と死のはざまで ~他者への献身、エイズ患者として生きる~

壇蜜絵日記 ~タイ~
死とエロスの旅を終えて
おわりに

壇蜜

だんみつ●本名 齋藤支靜加。1980年秋田県生まれ。東京都出身。昭和女子大学卒業。和菓子工場、銀座のクラブ、大学病院など様々な職場を経験した後、2010年にグラビアアイドルとしてデビュー。女優として多数のテレビや映画に出演し、13年、映画『甘い鞭』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。著書に『壇蜜日記』『噂は噂 壇蜜日記4』『壇蜜ダイアリー』(すべて文藝春秋)『たべたいの』(新潮新書)『どうしよう』(マガジンハウス)『壇蜜歳時記』(大和書房)『男と女の理不尽な愉しみ』(集英社新書)などがある。日本舞踊師範、遺体衛生保全士の資格、調理師、大型自動二輪の免許所持者。

撮影:chihiro.

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

週間ランキング 今読まれているホットな記事