よみタイ

[編集部ブログ]ひとみしり編集者のEMANON DAYS

2020年・強力開運カラーのパワーを上手に味方にする方法

みなさんは占いとかおまじないとかジンクスとか縁起かつぎとか風水とか予言とか、信じてますか?
私は全然です。

こんなところであからさまに公言すると何かバチでも当たってしまいそうな気がしてきましたが、まあ、ホントなのでしょうがないです。

あの大ベストセラーを担当した超絶占い編集者が言うことには

だから、これまでの人生、結婚も引っ越しも住宅購入も、一切合切、日取りやら風水やら確認することもなく、ズンズンズンズンおこなってまいりました。

前にお財布の話でも書きましたが、この業界にはなかなかに占いフリークな方が多く、へたな占い師よりも詳しいんじゃないか、って人々が結構な数でいらっしゃる。

「は? 誰にもみてもらわないでマンション買ったの? アンタはアホか!」
「こないだ手術したんだって? うんうん、六白金星だもんね(なぜ知ってる……)、今年の六白はさ、気を付けないとダメなのよ……」
結婚式では当時の上司が、御大ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ先生にわざわざ私とダンナの相性鑑定を頼み、式当日のスピーチでその結果を披露までしてくれた。けれど、どんな相性だったのかはまるで覚えていない。ルネ先生、ごめんなさい、ごめんなさ……
という話ではなくて!

そんな数多いる業界の占いエキスパートの中でも凄腕中の凄腕がわが社にはおりますです。

その名もK先輩、これまでにも数々の占いのテーマや本を担当し、ヒットを飛ばしまくり、なんてってたってあの水晶玉子先生の大ベストセラー、『水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2020』の担当編集である。

西洋占星術はもちろん、四柱推命だって動物占いだって手相だってなんでもかんでも知ってて、アーユルヴェーダのためにスリランカにいって、そこの占い師に選んでもらった身を護るためのルース(裸)の宝石を買って指輪にするようなKパイセンである。

たまにごはんを食べたりする仲良しのそのK先輩と先日社内でばったり会ったのが運の尽き……じゃなくて、ここからが2020年を明日に控えた本日の本題である!

この時期、つい買ってしまうのがこんな面々。書店さんのコーナーも大充実
この時期、つい買ってしまうのがこんな面々。書店さんのコーナーも大充実

とにかく、来年はグリーン、なのだそうである!
ラッキーカラーは、それに尽きるのだそうである!

水晶玉子先生はもちろんのこと、あの有名なDr.コパさまも2020年の開運カラーは、と断言。

「だからね、直ちゃん、よ、、ほら」という、その日のK先輩はグリーンのニットのスカートに黄緑色のストールをお召しである。
「こないだまでは水晶先生の『オリエンタル占星術』の販促イベントばかりやってたから、ネイルもグリーンにしていたのだけどね。さすがに飽きたし、もうクリスマスだからネイルは赤に変えたけど」。

いや、K先輩、すごいっス。×赤でノルウェイの森もビックリのクリスマス仕様じゃないですか……完ぺきッスよ…そうですか、今夜はデートですか、いってらっしゃいませ。ご武運を!

そんなわけで来年の開運カラーは、なのである。

もしも開運カラーが好きな色ではなかったら

さて、ここで問題である。

自分…… 色が好きじゃない……あんまり、いや、結構苦手、むしろ嫌い、と言ってもいい。
思い返しても身の回りのものにおよそグリーン系のものはない。

「ゴルフ場のグリーンは好きなんッスけど……(この瞬間K先輩の目に、お前ふざけとんのか?の光が溢れる)、あ、いやいやそれは冗談で(汗)、そういう問題じゃないですよね、エヘヘ〜、あ、家の中にたくさん植物を置くとか?」とたずねれば、
「うーん、開運カラーはやっぱり身に着けるのがいいのよね。そんなに好きじゃないなら、見えないところで持てるハンカチとか下着とか、あら、ちょっとその指輪、石がじゃないの?」

ダークトルマリンの指輪は確かに光の具合によっては緑に見えるかも‥‥
ダークトルマリンの指輪は確かに光の具合によっては緑に見えるかも‥‥

たまたまそのときはめていたダークトルマリンのついた指輪。というより深いカーキみたいな……

「へ? こんなでもいいんですか?」
「というより、開運カラーを石で取り入れるのはすごくいいのよ。石の持つパワーもあるからね。だから、でいうならいちばんいいのはやっぱりエメラルドなんだけど、ほら、それは高いし‥‥でもこういうカラーストーンでもじゅうぶんオッケーよ」

そこでぴーんときた。
なるほどジュエリーか‥‥

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

新刊紹介

志沢直子

しざわ・なおこ●集英社のノンフィクション編集長。東京都出身。新卒で集英社に入社後、メンズノンノ、LEE、MORE、MAQUIAなど女性誌編集とデジタル編集の経験を経て、2018年6月よりノンフィクション書籍・ウェブプロデュースを担当。フェイバリットは、ノンフィクション、ミステリ、マンガ、デジタル、美容、ゴルフ&ラン
Twitter→https://twitter.com/naokoshizawa

週間ランキング 今読まれているホットな記事