よみタイ

[編集部ブログ]ひとみしり編集者のEMANON DAYS

熱中症は本当に怖い、と心身で感じた魔の3日間

熱中症と風邪と自律神経の因果関係

不安を抱えたまま、その日もなんとか眠りにつく。
横になっていてもなんだかふわふわしているようで熟睡はできない。
部屋の冷房は27度設定で、扇風機を遠くにおいてかける。もうずっとこの環境にいる。

翌朝目覚めると頭痛がだいぶひいている。これはうれしい!
でも、ふらつき、だるさは変わらない。
ろくに食べていないからかな? と、バナナや野菜ジュースを口にする。

とにかくぐらぐらして起きていられないので、寝るだけだ。
今日も欠勤するしかない…幸いにもお盆期間だったので、差し迫った約束はなかったけれど、やはり予定外の休みはイタい。

お腹もユルい。
トイレで便を確認したらビビッドなオレンジで、「血便!」と顔面蒼白になるも、朝の野菜ジュースであると思い当たり、ホッ。そのくらい不安なのだ。

この晩はうどんを半玉に卵を落として、むりやり飲みくだして就寝。
こうして熱中症2日目は終わった。

3日目の朝。
頭痛こそほぼ消えたものの、体調は変わらない。
ここまでくると心底不安になってくる。
私のスマホは「熱中症 回復」「脱水 症状」「熱中症 治らない」といった履歴だらけだ。

よくならなかったらいつでもまた連絡ください、って言っていた……そうだ、もう一度病院に行こう。
救急で診てもらった病院に今一度向かった。

結局点滴1パックと血液検査をもう一度。
お医者さまが言うには
「救急で来たときも、今回もそうなんですが、実は血液検査には強い脱水を示す数値は出ていないんですよ。水分もちゃんと摂っていたんですよね? ただ、暑さで自律神経のバランスが崩れて、こうした体調不良を引き起こしている、それが長引いている、ということが考えられます。あと、風邪をひいていましたか?」

ひいてました……でも、それは3週間も前で、確かに2週間くらい長引きましたけど、完治してもう1週間は経っているはず……その旨を伝えると
「夏風邪と熱中症は紙一重、というか、風邪で体力が落ちていて熱中症になりやすかったり、熱っぽくて筋肉が痛いから熱中症かと思ったら風邪だった、ということもあるんですよ」とのこと。
そういえば救急で診てくださった先生も風邪のことを何度も聞いてきていた。そのときはフラフラでちゃんと答えられなかったのだが。

いろいろなことが腑に落ちた。
風邪の病み上がりだけではない。
ちょうど台風10号が来ていて、気圧が超不安定な日々。
私は昔から気圧の変化に弱く、台風が来たりすると、一気に頭が重くなってどんよりする。
そんなときに飲む頓服として、軽い安定剤も持ち歩いているほどだ。
そもそも自律神経が不安定になりやすい傾向がある。

つまり、風邪(本人は治ったつもり)で体力が落ちていたところで、炎天下のゴルフの暑さで自律神経が乱れて体の調整がうまくいかなくなってきているところに、湯船で温まって、さらに自律神経が乱れ、気圧の変化がそれに拍車をかけて、治りを遅くしている……そういうことだったのか、と自分なりに納得してみた。

「検査の数値は問題ないので、できる範囲で日常生活に戻りましょう。会社にも行っていいですよ。水分はもう十分足りているので、あとは食事で栄養をしっかり摂って。食べ物から摂る水分というのもありますからね」とのお墨付きをもらい、この翌日から、ようやく出社して…これを書いている。

正直、まだ完全にいつもどおりとはいえないけれど、少しずつよくなってはきている。

暑すぎる日差し、高すぎる気温が人間の体に与える影響

長々とこんなことを書いたのは、今さらかもしれないけれど、熱中症を甘く見てはいけないということを改めて知ってほしいから。

救急車が来るまでの時間、本当にこのままどうにかなったらどうしよう、と思うほど体はしんどく、死ぬほど心配で、その後の3日間も具合の悪さと不安感で生きた心地がしなかった。
ネットで見ただけだけど、人によっては体調の悪さを1か月くらい引きずる人もいるそうだし、これをきっかけに自律神経失調症になる人も少なくない。

熱中症のいちばんの対策は「予防」だそうだ。
自分は知識も対策も万全、と思っていた。実際、それなりにできていたとも思う。でも足りなかった。

風邪っぽい、病み上がり、寝不足、食欲不振、下痢、二日酔い、貧血……ふだんの生活においては小さな不調でも、こんな猛暑においては、何かひとつでも当てはまったら、そんなときは絶対無理をしたり羽目を外してはいけないのだ。

水だけではダメ。必ず塩分、カリウムも補給して。スポーツ時はアミノ酸もスタミナ源に
水だけではダメ。必ず塩分、カリウムも補給して。スポーツ時はアミノ酸もスタミナ源に

そのぐらい今の日本の夏の暑さは怖い。
最後にもう一度、明先生の熱中症の回のリンクを貼ります。
決してPRではありません。
こうした知識があるのとないのとでは大違いだから。

夏より前のこの時期から「熱中症」にはご注意を!その予防と対処方法とは…?「第31回 命を守るための力を…」

そしてとにかく迷ったら病院へ。

こんな遅くに悪いかも…
休日診療にわざわざ行くなんて…
救急車だなんてもっと具合の悪い人もいるだろうし…
明日まで我慢すれば病院も開くし…
これら全部、自分自身の頭をよぎった思いですが、遠慮は無用、迷いは禁物。

そのくらい心して向き合いたい熱中症対策です。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

志沢直子

しざわ・なおこ●集英社のノンフィクション編集長。東京都出身。新卒で集英社に入社後、メンズノンノ、LEE、MORE、MAQUIAなど女性誌編集とデジタル編集の経験を経て、2018年6月よりノンフィクション書籍・ウェブプロデュースを担当。フェイバリットは、ノンフィクション、ミステリ、マンガ、デジタル、美容、ゴルフ&ラン
Twitter→https://twitter.com/naokoshizawa

週間ランキング 今読まれているホットな記事