よみタイ

[編集部ブログ]ひとみしり編集者のEMANON DAYS

熱中症は本当に怖い、と心身で感じた魔の3日間

時間が経つほどおかしくなっていく体調…まさか熱中症?

起きようとするとめまいがする。
なんだか胸がドキドキする……これはなんかおかしい。

寝転びながら、一生懸命水分を摂り、ダンナにアイスノンを持ってきてもらい、首や脇を冷やしてみた。
そう、このあたりから、もしかして熱中症なのかも? と思い始めたから。
真っ先に浮かんだのが、このよみタイでの連載、ツアーナース・明先生の熱中症の回だ。

改めて読み返す。大丈夫、熱中症だとしたら対策はあっている。
ダンナもスマホでいろいろ検索して、対策を調べてくれる。
でも…何をしてもいっこうによくならない。

病院……という言葉が頭に浮かんだ。
休日の夜7時、しかもお盆……今からどこにいけば……幸い、うちの近所に大きな救急病院がある。そこに電話して診てもらえないか聞いてみよう、とダンナと相談していたら、ふとももがけいれんし始めた。

!!! これはヤバい!
絶対、おかしい!

対策を講じても状態に改善が見られないときはただちに医療機関へ…これは明先生の漫画にも、そしてどの熱中症対策サイトにも書いてある。迷っちゃいかん。

……で救急車を呼んだ。
おそらく電話して10分くらいで来てくれたのであろうが、その間にどんどんけいれんは強くなり、ふとももだけでなく、アゴや口もがくがくするようになっていた。

正直に言う。
ものすごく怖かった。
不安で辛くて、ただただ怖かった。

待っていたのは1リットルの点滴

その後、救急病院に搬送され、すぐに点滴を500ml。
その間に血圧、脈、心拍数、血液検査まできちんとしてくれた。
その結果、内臓が大きなダメージを受けている数値は出ていないので、大事ではないであろうと。

点滴のおかげなのか、病院についたという安心感なのか、けいれんも動悸もおさまってきた。
心底ほっとした。よかった、病院に来て…。

そして無事に点滴も終わり、さあ、帰るか、と起き上がる。
実はこの時点で私は、もうすっかり体はふつうに戻っているのだと思い込んでいた。
かれこれ4時間近く安静にしているし、点滴もして、水分補給も十分……と起き上がったとたんに、グラリ、とめまいが。立てない。

「あの、このベッド、揺れてるんですか?」
と看護師さんに尋ねてみるけど、そんなわけない。

もう1パック点滴をする。これでトータル1リットルだ。
間に我慢ができなくなって、おトイレにいかせてもらう。
たくさん、尿が出た。これだけたくさん尿が出るということは、もう水分は足りてるということなのかな? 素人考えが頭をよぎる。
トイレでひっくり返らないようにしなくちゃな、このカッコで倒れたらさすがに恥ずかしいな、なんて慎重にズボンをあげてたら、トイレの鏡でTシャツを裏返しに着てることに気づいた。
相変わらずの己のオッチョコチョイぶりにちょっとだけ笑って、救われた気がした。

結局、2パックの点滴のあとも、ふらつきが消えることはなかったのだが。

安静にして水分が満たされれば治るんじゃないの??

熱中症は、涼しいところで安静にして体を冷やし、水分・塩分補給してれば、すぐに回復する人もいる。
でも、その後2~3日、いや1週間くらい尾を引くことも決して珍しくない、ということを、医師の説明で初めて知った。
「ですが、志沢さんの場合、検査結果からも重篤な病気ではないと認識しますので、帰宅して安静にして水分を摂って、それでも改善しない、悪化するようでしたら、いつでも連絡をください」
という医師のアドバイスがなされ、帰宅。もう夜の11時だ。

経口補水液を枕元に置いて、その日はそのままうつらうつらと寝てしまったが、翌朝目覚めてみると……治っていないのだ。しかも昨日はなかった頭痛までする。もちろんふらつきも残ってる。

頭痛は熱中症ではよく見られる症状だけど、昨日はなかったのにあとから出てくるなんて……そして、こうしたときの頭痛には頭痛薬を飲んではいけないと聞いていたので、ひたすら経口補水液を飲み、横になっている。会社は欠勤せざるを得ない。

頭痛い、だるい、ふらふらする……こうした症状もつらいけれど、なにがつらいって…
不安なのだ!

こんなに尾を引くなんて、本当にただの熱中症なの? もっと何か違う病気じゃないの? ひとり寝ていると考えるのはそんなことばかり。

寝込んでいた3日間で飲んだ経口補水液は3リットル以上。これを飲んで甘いと感じるなら脱水の疑いがあるそうだ
寝込んでいた3日間で飲んだ経口補水液は3リットル以上。これを飲んで甘いと感じるなら脱水の疑いがあるそうだ

食欲ももちろんない。
飽食状態にある現代人の大人なんて1日くらい絶食しても死にはしないけど、さすがにこれはまずい、とバナナとヨーグルトを飲み下す。
歯を磨こうと舌をみたら苔で真っ白。血行も悪いのだろう。

これが熱中症発症翌日、1日めだ。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

志沢直子

しざわ・なおこ●集英社のノンフィクション編集長。東京都出身。新卒で集英社に入社後、メンズノンノ、LEE、MORE、MAQUIAなど女性誌編集とデジタル編集の経験を経て、2018年6月よりノンフィクション書籍・ウェブプロデュースを担当。フェイバリットは、ノンフィクション、ミステリ、マンガ、デジタル、美容、ゴルフ&ラン
Twitter→https://twitter.com/naokoshizawa

週間ランキング 今読まれているホットな記事